SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2008 R2 のエディションを変更

leave a comment

SQL Server 2008 / SQL Server 2008 R2 はセットアップからエディションを変更することが可能です。
# 2005 はどうだったかさっぱり覚えていないのですが…。

バージョンとエディションのアップグレード

簡単にではありますが手順を書いておきたいと思います。

■SQL Server 2008 R2 のエディションの変更


現在は、Standard Edition を使用している状態となっています。
image

インストールメディアのセットアップを実行して、[メンテナンス] から [エディションのアップグレード] からエディションを変更することが可能です。
image

エディションのアップグレード画面が表示されたら、インストールするエディションのプロダクトキーを入力し進めていくとエディションを変更することが可能です。
image

SQL Server 2008  / SQL Server 2008 R2 のインストールメディアですが、実はエディション共通になっているようです。
そのため、Standard Edition のメディアを使用して、Enterprise Edition のプロダクトキーを入力することで、エディションを変更することも可能です。

プロダクトキーに関してはインストールメディアの [<プロセッサアーキテクチャ>DefaultSetup] の中に記載されています。
# PID という項目がプロダクトキーになります。

あとはセットアップに従い進めていくとエディションを変更することが可能です。
imageimageimage
imageimage

アップグレードが完了するとエディションが変更されています。
image

Standard → Enterprise というように上位のエディションに変更することは可能ですが、Enterprise → Standard というように下位のエディションに変更することはできません。
image

この場合は、Enterprise Edition でのみサポートされている機能を使用していない状態にして、バックアップを取得し Standard Editionにリストアする等の方法が必要になるかもしれないですね。

テーブルやインデックスの圧縮機能は Enterprise Edition 以上の機能になるため、Standard Edition では使用することはできません。
そのため、圧縮が使用されているテーブル / インデックスが存在している状態のバックアップを Standard Edition にリストアすると、エラーが発生します。
image
image

下位のエディションに変更するということはあまりないかもしれませんが。

Written by masayuki.ozawa

10月 6th, 2011 at 11:20 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

Leave a Reply

*