SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows Server 8 DP の Hyper-V の管理について

leave a comment

Windows Server 8 DP の Hyper-V を SCVMM 2012 RC と Hyper-V 2.0 の Hyper-V Manager で管理できるのか試してみました。

■SCVMM 2012 RC で管理


SCVMM 2012 RC の管理対象として、Windows Server 8 DP を追加することは可能なのですが、[ホストの状態] が [要注意] となります。

image

この時の状態を確認すると、以下のようになっています。
image

Hyper-V 2.0 では Hyper-V 関連のサービスとして以下が起動しています。
image

  • Hyper-V Image Management Service (vhdsvc)
  • Hyper-V Networking Management Service (nvspwmi)
  • Hyper-V Virtual Machine Management (vmms)

Hyper-V 3.0 の場合は以下になります。
image

  • Hyper-V Virtual Machine Management (vmms)

この辺の起動しているサービスの違いからか、SCVMM 2012 では追加はできるのですが、新規ゲスト OS の作成などはできないようです。

 

■Hyper-V 2.0 の Hyper-V Manager で管理


Hyper-V 2.0 の Hyper-V Manager で Hyper-V 3.0 の環境を管理することは可能なようです。
ただし、2.0 の管理コンソールですので 3.0 で増えている機能については設定することができません。
image

あとは特に書くことが思い浮かびませんでした…。

 

■おまけ Hyper-V 3.0 の Hyper-V Manager で Hyper-V 2.0 を管理


現状の Hyper-V 3.0 の Hyper-V Manager では、[A compatible version of Hyper-V has not been on coupter ‘ホスト名’>] となり管理できないようです。

image

当たり前なのかもしれませんが、今のところフル機能を使うためには Hyper-V 3.0 の Hyper-V Manager を使うしかないようですね。

Written by masayuki.ozawa

9月 18th, 2011 at 8:51 pm

Leave a Reply

*