SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Denali CTP3 のインテリセンスについて

one comment

SQL Server 2008 以降 (たしか) の SSMS はインテリセンスが追加されており、SQL Server 2008 以降のインスタンスに接続した場合は、SSMS でインテリセンスを使用してクエリを記述することが可能です。
image

Denali CTP3 の SSMS でもインテリセンスは使えるのですが、リリースノート に記載されているように以下の制限があります。

5.10 新しいキーワードに対する Transact-SQL IntelliSense サポート

データベース エンジン クエリ エディターの Transact-SQL IntelliSense 機能は、SQL Server コードネーム "Denali" CTP3 で導入された新しい構文のすべてをサポートするように更新されていません。新しいキーワードはキーワードとしてエンコードされていないため、これらには、構文エラーとして下線が表示されます。現時点では、SQL Server コードネーム "Denali" の将来のバージョンに、新しい構文に対する IntelliSense サポートを追加するように計画しています。

回避策: 構文エラーを無視します。Transact-SQL ステートメントは正常に実行できます。

新しく追加された構文のすべてにはまだ対応していませんと書かれていますね。

私の使っている環境にも Denali CTP3 の SSMS はインストールしているのですが、どの環境も新しい構文にかかわらずインテリセンスを使うことができませんでした…。
image

他の方はどうなのだろうと思って、twitter でぼそっとつぶやいたところ使えていますよというお返事をいただくことができました。

では環境固有の問題なのだな~と思って考えてみたところ、私の環境はすべて照合順序で [Supplementary characters] (SC) を有効にしてインストールをしていたことを思い出しました。

image

これは、Denali から追加された照合順序になるのですが、これも新しい機能ですよね。

ということで、[SC] の照合順序を指定しないでインストールをしたところ Denali CTP3 の SSMS でインテリセンスが使えるようになりました。
image

これで検証効率アップです♪
# 検証環境再整備しないといけないですが…。

Written by masayuki.ozawa

7月 27th, 2011 at 7:31 am

Posted in SQL Server

Tagged with , ,

One Response to 'Denali CTP3 のインテリセンスについて'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'Denali CTP3 のインテリセンスについて'.

  1. […] プロンプトから SQL Server 2008 R2 をインストールする方法Denali CTP3 のインテリセンスについて […]

    システムデータベースを再構築して照合順序を変更 « SE の雑記

    27 7月 11 at 23:51

Leave a Reply

*