SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Office 365 Beta のメールを独自ドメインで使用してみる

leave a comment

Office 365 の Beta 版が使用できるようになったのでちょいちょい触っています。

通常メールアドレスのドメインは [@xxxxx.onmicrosoft.com] が使用されるのですが、自分で取得した独自のドメインを使用することも可能です。

今回はその手順についてまとめていきたいと思います。

■独自ドメインを設定


独自ドメインの設定は Office 365 の管理ホーム ページ から設定することが可能です。

  1. [管理] の [ドメイン] をクリックして、[ドメインの追加] をクリックします。
    image
  2. ドメイン名を入力して、[ドメインの確認] をクリックします。
    image
    ドメインが取得されている場合は、ドメイン名やレジストラーが表示されますので、確認をして、[次へ] をクリックします。
  3. ドメインの確認で、DNS に登録する CNAME レコード (msxxxxxxxx) が表示されます。
    # ps.microsoftonline.com は、どのドメインを登録しても変わらないと思います。
    この設定を控えておき、DNS に登録をします。
    image
    Windows の DNS で登録をする場合は以下の内容になります。
    image
  4. DNS を登録したら管理ホームページで [確認] をクリックします。
    確認の画面を閉じてしまっていた場合は、管理ホームページの [管理] の [ドメイン] から [確認待ち] をクリックするとドメインの指定画面に遷移することが可能です。
    image
  5. DNS に CNAME が登録されていれば確認をクリックした後に以下の画面が表示されます。
    image
  6. [DNS レコードの構成] をクリックして、[次へ] をクリックします。
    image
  7. Exchange Online と Lync Onlie で使用する DNS レコードが表示されます。
    image
    この画面を再表示する場合には、ドメインから [状態] の [アクティブ] をクリックすると再表示することが可能です。
    image

    Windows の DNS で Exchange Online に必要となる DNS レコードを登録する場合は以下の内容になります。
    imageimage
    image

以上でドメイン名の設定は完了です。
あとは設定したドメインを使用できるようにメールアドレスを追加します。

■独自ドメインのメールアドレスを追加


デフォルトの設定ではユーザーのメールアドレスには [@xxxxx.onmicrosoft.com] のドメイン名だけが付与されています。
image

独自のドメインを追加した場合、そのドメインをメールアドレスに付与する必要があります。

  1. [管理] の [ユーザー] をクリックしてメールアドレスを付与するユーザー名をクリックします。
    image
  2. [その他] をクリックします。
    image
  3. [メールボックス設定の変更] をクリックします。
    image
  4. [電子メール オプション] の [追加] をクリックします。
    image
  5. プルダウンから追加したドメインを選択して、メールアドレスを入力し、[OK] をクリックします。
    image
  6. [保存] をクリックします。

以上で、追加した独自ドメインを使用したメールアドレスの設定は完了です。

追加した独自ドメインを既定のメールアドレス (返信時のメールアドレス) として使用するための設定は管理サイトからはできないため、PowerShell を使用する必要があります。

この辺の設定に関しては以下のヘルプが参考になります。
Office 365 にドメインを追加する
ユーザーのアカウントのプライマリ電子メール アドレスの変更
Windows PowerShell の使用
サービスへの Windows PowerShell の接続

今回は既定のメールアドレスは変更していません。

 

あとは独自ドメインのメールアドレスが使用するか送信をしてテストをして、受信ができれば設定完了です。
image

一時期独自のドメインを使おうとすると以下のエラーコードの配信不能メッセージが飛んできて、独自ドメインで配信ができなかったのですが、最近は失敗することもなく正常に設定できました。

xxxxxxxxx.mail.eo.outlook.com[xxx.xxx.xxx.xxx] said: 550 5.4.1
Relay Access Denied (in reply to RCPT TO command)

海外の情報では結構同様の事象があがっているのですよね。
Office 365 の Community の検索結果

現象が発生していた時に、

Set-AcceptedDomain <domain> -OutboundOnly $true

Set-AcceptedDomain <domain> -OutboundOnly $false

を実行しても解決しなかったのですが、ある日再度試してみたらエラーになることもなくスムーズに設定ができました…。

FOPE (Forefront Online Protection for Exchange) のドメインの設定も独自ドメインを追加したタイミングで自動的に追加されているので、この辺を手動で設定しないといけないということもなさそうなのですが。
# うまく送信できていなかった時は独自ドメインの名前が単純なドメイン名ではなかった気がするのですが、今は再現していないので情報も取得できず…。
image

最初は独自ドメインで送信できなくて、気づいたら独自ドメインで送信ができるようになったのが謎で仕方ないです…。

Office 365 は注目しているサービスなので時間がある時に触っていきたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

5月 22nd, 2011 at 5:03 pm

Posted in BPOS/Office 365

Tagged with ,

Leave a Reply

*