SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows Server 2008 R2 SP1 をインストール

one comment

本日、Windows Server 2008 R2 SP1 と Windows 7 SP1 が TechNet / MSDN サブスクリプションで提供されました。
一般公開も間もなくです。

SP1 用の WAIK に関してはすでに一般公開がされています。
Windows® 7 SP1 用 Windows® AIK

今回は Windows Server 2008 R2 SP1 のインストールについて軽くまとめてみたいと思います。

TechNet / MSDN サブスクリプションでは With SP1 の日英のメディアも提供開始されていますので、業務で導入する際に購入するメディアパックも With SP1 で入手できるかもしれないですね。

■SP1 RC をインストールしている場合


SP1 RC をインストールしている場合は SP1 を適用することができません。
image
image

RC をインストールしている場合はアンインストールをする必要があります。
SP1 RC のアンインストールは、[Microsoft Windows (KB976932) の Service Pack] をアンインストールすることで実施できます。
image

image
image
image

 

■アンインストール時にブルースクリーン


環境によっては、SP1 RC アンインストールにブルースクリーンが発生することがあるようです。
2月15日 9-37 AM
2月15日 9-39 AM

どんなエラーになるんだろうと思ってワクワクしながら試したところ、私の持っている ThinkPad x201i でも無事 (?) 再現しました。
# Hyper-V のゲスト OS だと再現はしなかったのですが。

アンインストール後に再起動されると、[0x0000019] のブルースクリーンが発生し、再起動を繰り返してしまいました。
この場合、放っておくと再起動→ブルースクリーンを繰り返してしまうようですので、一度 [セーフ モード] で起動します。

そうすると、[Service Pack の構成に失敗しました 変更を元に戻しています コンピューターの電源を切らないでください。] という画面が表示され、サービスパックのアンインストールがロールバックされ SP 1 RC の状態に戻ります。

[%windir%Memory.dmp] にメモリダンプが出力sらえているので見てみたいと思います。
# [%windir%Minidump] 内のミニダンプでもよいかもしれませんね。

[!analyze –v] の結果がこちら。

*******************************************************************************
*                                                                             *
*                        Bugcheck Analysis                                    *
*                                                                             *
*******************************************************************************

VIDEO_SCHEDULER_INTERNAL_ERROR (119)
The video scheduler has detected that fatal violation has occurred. This resulted
in a condition that video scheduler can no longer progress. Any other values after
parameter 1 must be individually examined according to the subtype.
Arguments:
Arg1: 0000000000000001, The driver has reported an invalid fence ID.
Arg2: 0000000000000012
Arg3: 0000000000000019
Arg4: 0000000000000018

Debugging Details:
——————

DEFAULT_BUCKET_ID:  VISTA_DRIVER_FAULT
BUGCHECK_STR:  0x119
PROCESS_NAME:  System
CURRENT_IRQL:  b
LAST_CONTROL_TRANSFER:  from fffff880036a022f to fffff80001a73600

STACK_TEXT: 
fffff880`01e857c8 fffff880`036a022f : 00000000`00000119 00000000`00000001 00000000`00000012 00000000`00000019 : nt!KeBugCheckEx
fffff880`01e857d0 fffff880`037b3eb9 : 00000000`00000000 00000000`00000012 00000000`00000000 00000000`00000019 : watchdog!WdLogEvent5+0x11b
fffff880`01e85820 fffff880`037b4125 : fffffa80`075c2000 fffff880`01e85940 fffff880`000011ac fffff880`01e85b38 : dxgmms1!VidSchiVerifyDriverReportedFenceId+0xad
fffff880`01e85850 fffff880`037b3f76 : fffff880`00000012 fffffa80`00000004 fffffa80`0767f000 fffff880`01e85ba8 : dxgmms1!VidSchDdiNotifyInterruptWorker+0x19d
fffff880`01e858a0 fffff880`036b213f : fffffa80`0727e040 fffffa80`0735ac60 fffff880`0624d008 fffff880`011c5700 : dxgmms1!VidSchDdiNotifyInterrupt+0x9e
fffff880`01e858d0 fffff880`02d02b43 : fffff880`0624d018 fffff880`01e5d180 fffff880`01e85c70 fffff880`0624d018 : dxgkrnl!DxgNotifyInterruptCB+0x83
fffff880`01e85900 fffff880`02d012c7 : fffffa80`07478000 fffff880`01e85b98 00000000`00000000 fffffa80`072a5010 : igdkmd64!hybDriverEntry+0xb4a33
fffff880`01e85ad0 fffff880`02c66bbf : fffffa80`07478000 fffff880`01e85bb0 fffff880`01e5d180 fffffa80`06f922f0 : igdkmd64!hybDriverEntry+0xb31b7
fffff880`01e85b50 fffff800`01a6f3fc : fffffa80`07478000 fffffa80`00000000 fffffa80`06eaa240 fffff880`00000040 : igdkmd64!hybDriverEntry+0x18aaf
fffff880`01e85bf0 fffff800`01a7bdd2 : fffff880`01e5d180 fffff880`00000002 00000000`00000002 fffffa80`00000000 : nt!KiInterruptDispatch+0x16c
fffff880`01e85d80 00000000`00000000 : fffff880`01e86000 fffff880`01e80000 fffff880`01e85d40 00000000`00000000 : nt!KiIdleLoop+0x32

STACK_COMMAND:  kb
FOLLOWUP_IP:
dxgmms1!VidSchiVerifyDriverReportedFenceId+ad
fffff880`037b3eb9 c744244053eeffff mov     dword ptr [rsp+40h],0FFFFEE53h
SYMBOL_STACK_INDEX:  2
SYMBOL_NAME:  dxgmms1!VidSchiVerifyDriverReportedFenceId+ad
FOLLOWUP_NAME:  MachineOwner
MODULE_NAME: dxgmms1
IMAGE_NAME:  dxgmms1.sys
DEBUG_FLR_IMAGE_TIMESTAMP:  4a5bc578
FAILURE_BUCKET_ID:  X64_0x119_dxgmms1!VidSchiVerifyDriverReportedFenceId+ad
BUCKET_ID:  X64_0x119_dxgmms1!VidSchiVerifyDriverReportedFenceId+ad
Followup: MachineOwner
———

BlueScreenView を使用して確認もしてみたいと思います。
こちらではミニダンプを読み込ませます。
[%windir%Minidump] にミニダンプのファイルを保存すると読み込ませることができます。
image
image

関連しているファイルとして、[dxgmms1.sys] [igdkmd64.sys] [watchdog.sys] が強調されています。

私で見れる範囲はここまでなので、Twitter で情報があったようにサクッとディスプレイアダプタを使用しないようにします。
削除ではなく、[無効] でも大丈夫なようです。
# 無効にした後に一度再起動しています。
image
image

ディスプレイアダプターを無効にすると、SP1 RC をアンインストールすることができました。
image

アンインストール後にディスプレイアダプターを有効に戻してしまうとブルースクリーンが再発してしまいましたので、ディスプレイアダプターは無効にするより、削除してしまった方が良さそうですね。
# ブルースクリーンになってしまってもセーフモードで起動すればディスプレイアダプターの削除はできます。

 

■SP1 をインストール


[windows6.1-KB976932-X64.exe] を実行すると SP1 をインストールすることができます。

ハードディスクの空きが 8GB 以上ない場合、エラーとなりますので実行前には十分な空きを用意しておく必要があります。
# 私は容量が結構厳しかったので一時的にページングファイルを減らして C の容量を確保していました。
image

[次へ] をクリックします。
image

[同意します] を選択して、[次へ] をクリックします。
image

[インストール] をクリックします。
デフォルトでは、[コンピューターを自動的に再起動する] が有効になっているのでインストールが完了すると自動で再起動されます。
image
image

インストール後、再起動が行われサービスパックのインストールが完了します。
image
image

SP1 RC をアンインストーするした際に、ディスプレイアダプターを削除したため [標準 VGA グラフィック アダプター] になっているので、サービスパックのインストール後に適切なものをインストールしておきます。

 

■サービスパック用バックアップファイルの削除


これは必要に応じてですが。

[スタート] → [すべてのプログラム] → [アクセサリ] → [システム ツール] の中に [ディスク クリーンアップ] ツールがあります。
image

このツールを起動すると、[Service Pack のバックアップ ファイル] を削除することが可能となります。
image

RTW したサービスパックを削除することはめったにないと思いますので、ロールバックすることがないのであれば削除してしまっても良いかと思います。
ディスクがカツカツな場合、1.4 GB の容量って結構重要になるかと思いますので。
# 私の適用している環境は検証環境なのでさくっと削除してしまいました。

これで Dynamic Memory を正式サポートありで使えるようになりました~。
image

SCVMM 2008 R2 SP1 RC であれば、SCVMM からも Dynamic Memroy を設定することが可能です。
SCVMM 2008 R2 SP1 が RTM されるのが待ち遠しいですね。
imageimage

Windows 7 の SP 1 適用に関しても別途書きたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

2月 19th, 2011 at 3:10 pm

One Response to 'Windows Server 2008 R2 SP1 をインストール'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'Windows Server 2008 R2 SP1 をインストール'.

  1. […] This post was mentioned on Twitter by ksasaki-ms, 小澤真之(Masayuki Ozawa). 小澤真之(Masayuki Ozawa) said: Windows Server 2008 R2 SP1 をインストールを投稿しました。 @ksasakims さんがつぶやかれていた内容 (http://tinyurl.com/5spud2h) はx201でも再現しました~。 http://tinyurl.com/6dgqpx2 […]

Leave a Reply

*