SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

VM Role のインスタンスで Staging と Production の切り替え

leave a comment

VM Role の Traning Kit ではデプロイを [New Production Deployment] を使用し Production (本番) 環境として実施する手順になっています

VM Role のインスタンスに関しても他のロールと同じで最初に Staging (テスト) 環境にデプロイをして稼働確認をした後に、Staging 環境と Production 環境の切り替えを実施することができますので、この手順についてまとめてみたいと思います。
# ボタン一つ押すだけですが。

■Staging 環境へのデプロイ


Production 環境へのデプロイは [New Production Deployment] を使用しましたが、Staging 環境へのデプロイには、[New Staging Deployment] を使用します。
image

New Production Deployment と New Staging Deployment の違いは [Target enviromnetn] の表示内容の違いだけで画面構成は同一になっています。
imageimage

New Staging Deployment からデプロイの環境名とパッケージを指定すれば Staging 環境へのデプロイは完了です。
image

今回も 1 インスタンス構成なので、警告は Yes を押しておきます。
image
image

デプロイが完了するまでしばらく待ちます。
image

[Environment] が [Staging] となっている環境で [Ready] となりました。
image

 

■Staging 環境と Production 環境の切替


TechNet に以下の情報があります。
仮想 IP スワップ アップグレードの実行

Staging 環境と Production 環境の切替は、VIP を切り替える (Swap VIP) ことにより実施されます。

今回はこのような環境を用意してみました。
image

Staging には先ほどデプロイした環境が実行されており、Production には新規にデプロイした環境が実行されています。

各環境のエンドポイントと VIP はこのような設定になっています。

[Staging の VIP]
image

[Production の VIP]
image

環境の切り替えの前にリモートデスクトップで VM Role のインスタンスに接続をしておきました。

左が Staging で起動している VM Role のインスタンス (日本語環境)
右が Production で起動している VM Role のインスタンス (英語環境)

となります。
image

それでは実際に環境を切り替えてみたいと思います。
環境の切替には、[Deployments] の [Swap VIP] を使用します。
image

環境の切替が実行できる (Staging に デプロイ済み / Production と Staging にデプロイ済み) 場合、このボタンをクリックすることができます。
旧ポータルで中央にあったボタンが [Swap VIP] になっているのだと思います。
image

Swap VIP をクリックすると以下のダイアログが表示されますので、[From] と [To] を確認して問題が無ければ [OK] をクリックします。
image

OK をクリックすると環境の更新が始まり、
image

数秒で Staging と Production 環境が切り替わります。
image

エンドポイントと VIP を確認したいと思います。

[Staging (実行前の Production) の VIP]
image

[Production (実行前の Staging) の VIP]
image

それぞれの環境で使用されている VIP が切り替わっていることが確認できますね。

接続しているリモートデスクトップも切断されずにそのまま使用することができました。
image

■エンドポイントの設定が異なる場合


先ほどの VIP の切り替えはエンドポイントの設定が同一になる環境間で実施していました。
今度はこのような環境を用意しました。

[Production]
image

[Staging]
image

機能追加等により、Staging にエンドポイントを追加した環境をデプロイしたというシナリオになります。

それでは、[Swap VIP] を実行して、Production と Staging を切り替えてみたいと思います。
image

エンドポイントの設定が違うと VIP の切替はできないようですね。

image

この辺は、他の Azure のロールと同じ考え方になるようですね。

この場合は [Swap VIP] によるアップグレードはできないので、[Stop] → [Delete] → [再デプロイ] をする必要があるようですね。image

VM Role だから違う動作をするということはなさそうですが、良い機会でしたので少しまとめてみました。

Written by masayuki.ozawa

1月 10th, 2011 at 1:05 pm

Posted in Windows Azure

Tagged with ,

Leave a Reply

*