SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

VM Role のインスタンスを日本語環境で実行

leave a comment

日本語 OS から VHD をアップする際に SkipVerify を指定することで日本語 OS / 日本語言語パックをインストールした環境を VM Role のイメージとしてアップロードすることが可能になりました。

Traning Kit の手順で実施すると VM Role として起動するインスタンスは英語環境の設定で実行されます。
image

今回は VM Role のインスタンスを日本語環境で実行する手順をまとめてみたいと思います。
日本語 OS をそのまま日本語環境で使用するための手順となりますが、英語 OS に日本語の言語パックをインストールすれば同様の方法で日本語環境として利用することが可能です。

■日本語 OS を使用する際の注意点


VM Role でアップロードする OS (Windows Server 2008 R2) に日本語 OS を使用する際の注意点になります。

  1. Unattend.xml のヘッダに余分な文字が含まれる
    VM Role 用の統合コンポーネントをインストールすると [C:Unattend.xml] が作成されます。
    日本語 OS (英語 OS 以外は同様の現象が発生しそうですが) を使用するとこの、応答ファイルのヘッダ行が以下のような内容となってしまっています。

    ・ソ<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

    この応答ファイルの状態で Sysprep を実行しますと、[コンピューターの sysprep を実行中に致命的なエラーが発生しました。] のメッセージが表示されてしまい、Sysprep を実行することができません。
    image

    Unattend.xml のヘッダに含まれている余計な文字を削除して以下の形式にすることで Sysprep を実行することが可能です。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

  2. Windows Azure Connect Endpoint Installation がインストールできない
    日本語 OS (システム言語が [英語以外] となっている OS のようですが) で Windows Azure Connect Endpoint をインストールすると以下のエラーが発生します。
    image

    表示言語のアンインストールで [システム言語] がどの言語になっているかを確認できますが、この設定が [英語] になっていないとインストールができないみたいですね。
    image
    Sysprep を使って、システム言語を変更すると日本語 OS でもシステム言語を英語にすることができます。
    これは別の投稿で紹介したいと思います。

 

■応答ファイルの変更


VM Role 用の統合コンポーネントをインストールした際に作成される応答ファイルですが、以下の設定が英語環境用の設定になっています。
# タイムゾーン UTC は英語環境用の設定ではないですが。

<InputLocale>en-us</InputLocale>
<SystemLocale>en-us</SystemLocale>
<UILanguage>en-us</UILanguage>
<UserLocale>en-us</UserLocale>

<TimeZone>UTC</TimeZone>

応答ファイルを以下のように変更することで日本語環境で実行することが可能となります。

<InputLocale>ja-jp</InputLocale>
<SystemLocale>ja-jp</SystemLocale>
<UILanguage>ja-jp</UILanguage>
<UserLocale>ja-jp</UserLocale>

<TimeZone>Tokyo Standard Time</TimeZone>

 

この応答ファイルを使用して VM Role のインスタンスを起動した画面がこちらになります。
image

Sysprep の応答ファイルで、日本語環境の設定をしていますので VM Role のインスタンスを起動した段階で日本語環境の設定で起動がされます。
Azure 上のインスタンスの標準的なタイムゾーンの設定は UTC になっているかと思いますので、タイムゾーンまで日本語にしていいものかどうかというのはあるかと思いますが…。

Written by masayuki.ozawa

1月 9th, 2011 at 5:23 pm

Posted in Windows Azure

Tagged with ,

No Responses to 'VM Role のインスタンスを日本語環境で実行'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'VM Role のインスタンスを日本語環境で実行'.

  1. […] This post was mentioned on Twitter by Keiji Kamebuchi, 小澤真之(Masayuki Ozawa). 小澤真之(Masayuki Ozawa) said: VM Role のインスタンスを日本語環境で実行を投稿しました。応答ファイルを変更してからSysprepを実行して日本語表示にしています。 http://tinyurl.com/2u2428f #jazug #azurejp […]

Leave a Reply

*