SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

あらためて SQL Server と AWE その 6

leave a comment

あらためて SQL Server と AWE の最後の投稿として、AWE を有効にしている場合のメモリ情報の取得についてまとめていきたいと思います。

今まで、DBCC MEMORYSTATUS やパフォーマンスモニタでメモリの情報を取得してきました。
特定のアプリケーションのメモリを取得する際には、タスクマネージャやパフォーマンスモニタの Process でワーキングセットを取得する方法もあるかと思います。

AWE を有効にした状態でタスクマネージャーの [sqlserver.exe] のプライベートワーキングセットを確認してみます。
image

92 MB となっていますね。
パフォーマンスモニタで [sqlserver.exe] の [Working Set] を確認してみます。
image

平均が [116,969,472] Byte となっています。

DBCC MEMORYSTATUS で SQL Server から使用しているメモリを確認してみます。
image
AWE Allocated は [4,235,376] KB となっていますので、4GB 程度のメモリが使用されています。

AWE が有効になっている環境でのメモリ取得に関して、技術文書に以下の記載があります。
SQL Server での AWE メモリの有効化

SQL Server のパフォーマンス モニターの Total Server Memory (KB) カウンターを使用して、AWE モードで実行されている SQL Server のインスタンスによって割り当てられたメモリ量を特定するか、sysperfinfo からメモリの使用量を選択します。

AWE を有効にしている場合はプロセスからではなく、SQL Server のパフォーマンスモニタから情報を取得します。

SQL Server が使用しているメモリの合計は、

  • Buffer ManagerTotal pages
  • Memory ManagerTotal Server Memry (KB)

の何れかで取得することが可能です。

以下の画像が情報を取得したものになります。

image

Total pages は 8KB ページの数が表示されますので、サイズにするためには
540,672 ページ × 8KB = 4,325,376 KB となります。

Total Server Memory (KB) に関しては KB 表示そのままですね。
両方とも同じ値となりますのでどちらから値を取得しても問題はありません。

SQL Server の現状を見るときには基本的に SQL Server 用のカウンタから追っていくことになります。
現状のメモリ使用状況だけを軽く見たいといった時でも SQL Server のカウンタを使うことで正確な値を取得することができます。

 

6 回に分けて AWE についてまとめてみました。
64bit 化が進んでいる中で、32bit の SQL Server を使用する機会はそれほどないかとは思いますが、SQL Server のメモリの使用状況を勉強するということではいい機会だったと思います。

次の投稿では WOW64 の SQL Server についてまとめてみたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

12月 5th, 2010 at 8:08 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

Leave a Reply

*