SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

あらためて SQL Server と AWE その 4

leave a comment

前回の投稿で、プランキャッシュの上限について少しまとめてみました。
AWE を有効にしても、プランキャッシュはユーザーモードの中に確保がされますので使用できるメモリは増えません。
image
image

プランキャッシュの上限を増やすためには AWE ではなく、/3GB スイッチを利用します。

/3GB スイッチを使用した場合のプランキャッシュの利用状況は以下のようになります。
image

/3GB スイッチを設定する前は、900 MB 程度だったメモリが、スイッチを設定することにより、1,400 MB 程度まで増加しています。

プランキャッシュですが、Visible ターゲットメモリのサイズに応じて上限が設定されます。
Visible ターゲットメモリは通常のメモリ割り当て (AWE 設定なしで割り当てられるユーザーモード空間) の上限になります。
32bit の場合は 2GB または、3GB が上限となります。

/3GB スイッチを設定しても 3GB のプランキャッシュが設定できるわけではないので注意が必要です。
# いろいろと試してみたのですが、2GB:900 MB / 3GB : 1.4 GB 程度が上限になりそうでしたが、。情報を見ている限りは 75% 取れそうな気もするのですが、これは64bit だけなのかもしれないですね。

/3GB スイッチと AWE を併用した場合のメモリ使用状況はこのようになります。
image

image

/3GB スイッチを設定していない場合と比較すると、プランキャッシュの使用状況が増加していることが確認できます。

/3GB スイッチの注意ですが、このスイッチは 16GB を超えるメモリでは使用することができない点です。
AWE の使用

コンピューターに 16 GB を超える使用可能な物理メモリがある場合、オペレーティング システムで 2 GB の仮想アドレス空間がシステム用に必要になるため、サポートできるユーザー モード仮想アドレス空間は 2 GB だけになります。
オペレーティング システムで 16 GB を超えるメモリ範囲を使用するには、Boot.ini ファイルから /3gb パラメーターを削除する必要があります。
このパラメーターがあると、システムで 16 GB を超える物理メモリを使用できません。

プランキャッシュの上限を考えるとできるだけ 64bit のSQL Server を使用したいところですね。

今回は SQL Server 2008 R2 で検証をしていました。
Denali でも 32bit の SQL Server は引き続き提供されます。

次の投稿では、Denali で AWE を有効にした際の動作をまとめていきたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

12月 5th, 2010 at 2:09 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

Leave a Reply

*