SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Denali の HADR のフェールオーバーについて

leave a comment

Denali の HADR の構築はできましたので、今回はフェールオーバーについてまとめてみたいと思います。

■HADR 用のクラスターグループについて

HADR は WSFC が必須の構成となります。
HADR を構築するとクラスターグループとして Availability Group として設定したグループ名が作成されます。
image

このクラスターグループにはリソースが一つ含まれています。
image
このリソースですが、[SQL Server Availability Group] というリソースで作成されています。
image

リソースの所有者が [Primary] として設定されているサーバーになるようですね。

このグループですが、WSFC の管理コンソールからはグループを移動させることはできないようになっているようです。
image

 

■SSMS で Primary サーバーを切り替え

WSFC のグループは WSFC の管理コンソールからは切り替えることができません。
Primary サーバーを切り替える (フェールオーバーさせる) 場合は、SSMS から操作をする必要があります。

Primary サーバーの切り替えですが、現在 [Primary] サーバーとなっているサーバーの接続からは変更することができません。

  • DENALI-01 : Primary
  • DENALI-02 : Secondary

となっている場合、DELALI-01 の接続では、サーバーの切り替えをするためのメニューは表示されません。
image
image

DENALI-02 に接続し、Secondary で右クリックをするとメニューが少し変わります。
image
image

SSMS で Secondary のサーバーに接続をして、Secondary のサーバーを右クリックすると [Force Failover] が表示されます。
[Force Failover] を使用することで Primary と Secondary を切り替えることができます。

CTP1 の Release Notes には以下の記載があります。

The SQL Server Code-Named “Denali” CTP1 release of "HADR" is a preview and does not support the following features:

  • Synchronous data movement (synchronous-commit availability mode).

  • Manual failover and automatic failover.

    The only supported form is forced failover, which allows data loss and suspends the secondary databases.

  • Log compression.

  • Automatic page repair.

  • The ALTER AVAILABILITY GROUP Transact-SQL statement does not support changing the configuration of the availability group such as changing read-only access to an availability replica, adding or removing an availability database, and adding or removing a secondary availability replica. For information about what this Transact-SQL statement supports, see ALTER AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL) in Books Online.

 

現状は マニュアル / 自動フェールオーバーは実装されていないようです。
そのため、Primary / Secondary を切り替えるためには強制フェールオーバーをする必要があります。
# Primary のサービスを停止しても Secondary には切り替わりません。

それでは、[Force Failover] を実行して Primary と Secondary を切り替えてみたいと思います。
DEHALI-02 に接続し、[HADR Group] → [Availability Replicas] を展開して、[DENALI-02] を右クリックし、[Force Failover] をクリックします。
# Secondary の接続でないと [Force Failover] が表示されません。

image

[OK] をクリックして、フェールオーバーを実施します。
image

image

HADR の強制フェールオーバーは以上で完了です。

強制フェールオーバー前は以下の状態となっていました。
image

[DENALI-01]
image

[DENALI-02]
image

 

強制フェールオーバーを実施すると以下の状態となります。
image
強制フェールオーバー前は [Primary] であった、[DENALI-01] が [Secondary] になっているのが確認できます。
強制フェールオーバーを実施した影響だと思うのですが、[Synchronization State] が [Synchronized] から [Not Synchronizing] に変わっています。

データベースの状態も [Online] から [Suspended] に変わっています。

[DENALI-01]
image

[DENALI-02]
image

強制フェールオーバーを実施した場合は、自動で [Online] にはならないため手動で HADR による同期を再開する必要があります。

 

同期を再開するためには、[Secondary] に接続をして [Resume Data Movement] を実行する必要があります。
image

[OK] をクリックして、HADR によるデータ同期を再開します。
image

Resume をすることでデータ同期が再開されます。
image

image

 

自動フェールオーバーや自動ページ修復が実装されるとミラーリングと変わらない利用が出来そうなので期待大ですね。

次の CTP で検証できるようになっているとうれしいですね~。

Written by masayuki.ozawa

11月 20th, 2010 at 9:54 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

Leave a Reply

*