SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2008 SP2 CTP で UCP / DAC に対応しています

leave a comment

先日、英語版だけではありますが SQL Server 2008 SP2 CTP が公開されました。
SQL Server 2008 SP2 CTP

SQL Server 2008 SP2 から SQL Server 2008 R2 の UCP と DAC に対応されるようです。
どのようになるか軽く検証をしてみました。

今回は以下のバージョンのインスタンスを用意しています。

  • SQL Server 2008 R2 (SSMS も 2008 R2 のものを使用)
  • SQL Server 2008 SP1
  • SQL Server 2008 SP2 CTP

 

■UCP に登録

SQL Server 2008 SP1 を UCP のマネージインスタンスとして登録しようとすると以下のように
バージョンのチェックでエラーとなります。
image

それでは、SQL Server 2008 SP2 CTP を登録してみたいと思います。
SQL Server 2008 SP2 CTP は UCP に対応をしていますので、インスタンスを登録することが可能です。
image

実際に、インスタンスを登録して UCP で状態を確認した画面がこちらになります。
SQL Server 2008 のインスタンスが登録されていることが確認できますね。
 image

 

■DAC の登録

続いて DAC の登録も試してみたいと思います。

SQL Server 2008 R2 で DAC を登録した状態にしてあります。
image

まずは SQL Server 2008 SP1 に登録をしようとするとどうなるか確認してみます。
DAC はオブジェクトエクスプローラーの [管理] に表示されるのですが、 SQL Server 2008 SP1 のインスタンスでは
表示がされていません。
# インスタンス名が見切れてしまっていますが、[データ層アプリケーション] が表示されているのが 2008 R2 の
  インスタンスになります。
image 

SQL Server 2008 SP2 CTP のインスタンスの管理を表示してみます。
SQL Server 2008 SP2 CTP のインスタンスでデータ層アプリケーションが表示されているのが確認できます。
image

DAC パッケージの配置も実施することができます。
image

ユーティリティ エクスプローラーのデータ層アプリケーションにも表示されます。
image

複数のバージョンを一元的に確認できる用になるのはいいですね~。

Written by masayuki.ozawa

7月 14th, 2010 at 10:46 am

Posted in SQL Server

Leave a Reply

*