SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Office 2010 管理用テンプレートについて

leave a comment

Office 2010 の管理用テンプレートについて少しまとめてみたいと思います。

Office 2010 管理用テンプレートですが Microsoft の日本語サイトからは以下のものがダウンロードできます。
Office 2010 (ベータ リリース) 管理用テンプレート ファイル (ADM、ADMX、または ADML) および Office カスタマイズ ツール

現時点では、日本語サイトからはベータ用のものしかダウンロードができないようです。

RTM 用に関しては英語サイトからダウンロードすることが可能です。
Office 2010 Administrative Template files (ADM, ADMX/ADML) and Office Customization Tool

言語は英語となっているのですが、これには日本語版の管理用テンプレートも含まれています。

32bit 用と、64bit 用の 2 種類がダウンロードできるのですが、これは、管理用テンプレートではなく Office カスタマイズツール (OCT) のビットになるようですね。

image

管理用テンプレートの適用方法に関しては以下の技術情報に記載されています。
Office 2010 でグループ ポリシーを使用して設定を適用する

ダウンロードしたファイルを展開すると以下のようなディレクトリ構成になっています。
image

私の検証環境は Windows Server 2008 R2 の AD DS を使っているので [ADMX] ディレクトリのファイルを使用します。
# Admin は Office カスタマイズ ツールになります。
image

一台構成の AD DS なので特にセントラル ストアに格納しなくても問題はないのですが、[ADMX] フォルダ直下の [.admx] と言語のディレクトリを
[%systemroot%SYSVOLdomainPoliciesPolicyDefinitions] に保存します。
# セントラルストアを使わない場合は、[%systemroot%PolicyDefinitions] にファイルを保存します。
image

これで、管理用テンプレートが利用可能になります。
[グループ ポリシーの管理] からグループポリシーを編集すると、[管理用テンプレート] に Office 2010 用のポリシーが表示されます。
# セントラル ストアに保存した場合、ローカルセキュリティポリシーの管理用テンプレートに Office 2010 用のポリシーは表示されません。
  [%systemroot%PolicyDefinitions] に保存した場合はローカルセキュリティポリシーにも表示されます。
image

英語サイトからダウンロードするところで少しハマるかもしれませんので、メモとして残しておきたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

7月 6th, 2010 at 3:18 pm

Posted in Active Directory

Leave a Reply

*