SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

AD RMS の設定情報の格納場所について

leave a comment

そもそもの始まりは AD RMS をインストールするときに内部アドレスの設定を FQDN ではなく
コンピューター名で設定してしまったことから…。
image

AD RMS で使用する証明書は FQDN で設定していました。

そのため、IRM で文章を保護しようとするとこのようなセキュリティ警告が表示されてしまいます。
# HTTPS 通信時に AD RMS で設定している内部アドレスはコンピュータ名で、証明書は FQDN のため。
image 
[はい] を選択すれば開けるのですがちょっと面倒ですよね。

この状態で AD RMS の管理コンソールを開くと、こちらも証明書の警告が表示されます。
image 

AD RMS の管理コンソールをに関しては管理コンソールからスナップインを一度削除して、
image
[クラスターの追加] でリモートコンピューターとして FQDN でスナップインを追加すれば回避できます。
image
image 

■SCP の設定

クライアントの接続時の接続先は上記のスナップインとはまた別で、AD RMS の [Service Control Point] (SCP) で
設定されている値が使用されます。

インストール時に、[構成した後で、このアドレスまたはポート番号を変更することができません。]と表示されているように
AD RMS の管理コンソールを開いても、この SCP のアドレスは変更ができないようになっています。

この接続の時に使用されているのが SCP のアドレスになるのですが、グレーアウトしています。
SCP のアドレス自体は、[クラスターの URL] の [証明] がベースになっているのですがこちらも同様にグレーアウトしています。
image image

SCP は AD の構成パーティションに設定されていますので、ADSI エディタで直接変更してしまえば、値を修正することはできたりします。
# 構成パーティションの変更ですので [Enterprise Admins] の権限が必要となります。

構成パーティションの [CN=SCP,CN=RightsManagementServices,CN=Services] のプロパティを開くと設定を確認できます。
image

[serviceBindingInformation] の属性が SCP の URL となっています。
こ値を FQDN に設定することでクライアントのセキュリティ警告は一応回避することができます。
image

インストール時にアドレスを変更することはできませんと表示されているので、一度役割を削除して
再度追加したほうが良いとは思いますが。

 

■SQL Server に格納されている情報

URL としては、ライセンスの URL もありますがこちらに関しては SQL Server のデータベースに格納されています。
[DRMS_Config_<サーバー名>_443] というデータベースの [dbo].[DRMS_ClusterPolicies] テーブルを SELECT すると
情報を確認することが可能です。

image

実際に SELECT して確認してみると、[LicensingClusterUrl] に値が設定されているのが確認できますね。 
image

 

AD RMS をインストールしていてちょっと調べてみたことをまとめてみました。

Written by masayuki.ozawa

5月 29th, 2010 at 8:19 am

Posted in Active Directory

Leave a Reply

*