SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2008 R2 CU1 をスリップストリームインストール

leave a comment

Twitter で SQL Server 2008 R2 CU1 の情報が流れましたのでさっそくスリップストリームインストールができるか検証です。

[Setup.exe] のヘルプには以下のオプションが明記されているので、使えることはコマンドからでも確認できるのですが。

CUSOURCE                     セットアップ メディアの更新に使用される、抽出された累積した更新ファイルのディレクトリ。
PCUSOURCE                    セットアップ メディアの更新に使用される、抽出されたサービス パック ファイルのディレクトリ。

 

SQL Server 2008 R2 CU1 ですが、SQL Server 2008 SP1 CU5,6,7 相当の修正が適用されるみたいですね。

 

[CU1 のダウンロード]

CU1 は以下のサイトからダウンロードすることが可能です。
Cumulative Update package 1 for SQL Server 2008 R2

SQL Server 2008 R2 Non SP の累積修正プログラムの情報は以下のサイトに掲載されるようですので、こちらも定期的に
チェックをするとよさそうです。
The SQL Server 2008 R2 builds that were released after SQL Server 2008 R2 was released

[CU1 の展開]

スリップストリームインストールをする前に、まずはダウンロードした CU1 を展開する必要があります。
image

以下の形式でダウンロードした EXE を実行することで展開することができます。

SQLServer2008R2-KB981355-x64.exe /extract:<展開先>

例)
SQLServer2008R2-KB981355-x64.exe /extract:C:CU1

# [/x:] でも展開可能です。

 

[CU1 をスリップストリームインストール]

CU をスリップストリームセットアップする場合は、[CUSOURCE] というオプションを使ってインストールメディアの [Setup.exe] を実行します。

Setup.exe /CUSource=<展開先>

例)
Setup.exe /CUSource=C:CU1

 

あとはウィザードに従ってインストールをしていきます。
インストールの準備完了で、アクションが [Install (Sripstream)] となっているのが確認できます。image

 

今回インストールしたインスタンスは [SQL2008R2ENT] という名称なのですが、バージョンが [10.50.1702.0] となっていますね。
image

スリップストリームインストールが使えると楽でいいですね♪

Written by masayuki.ozawa

5月 18th, 2010 at 1:15 pm

Posted in SQL Server

Leave a Reply

*