SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows Server 2008 以降で [ネットワーク アプリケーションのデータ スループットを最大にする] を設定

leave a comment

Windows Server 2003 では、[Microsoft ネットワーク用ファイルとプリンタ共有] のプロパティに、[サーバーの最適化] というタブがあり、
その中で、以下のような設定をすることが可能でした。
image

IIS や SQL Server のパフォーマンスチューニングで設定をすることがよくある項目ですね。
ネットワーク アプリケーションのデータ スループットを最大にする
データ スループットの最大化
[HOWTO] Windows Server 2003 で Web サーバーのパフォーマンスを最適化する
[HOW TO] Windows 2000 で Web サーバーのパフォーマンスを最適化する方法

Windows Server 2008 以降でもネットワークのプロパティに、[Microsoft ネットワーク用ファイルとプリンタ共有] はあるのですが、
[プロパティ] をクリックすることができなくなっています。
image

設定自体がなくなったのかといえば、そういうわけではなく GUI からではなくレジストリを変更して設定する必要があるようです。
# 2003 で GUI で変更した場合も、レジストリが変更されています。

レジストリ値に関しては、以下の技術情報に記載されています。
LargeSystemCache
Setting: maximize data throughput for network applications

  • HKLMSYSTEMCurrentControlSetControlSession ManagerMemory ManagementLargeSystemCache
  • HKLMSYSTEMCurrentControlSetServicesLanmanServerParametersSize

このレジストリの設定値の組み合わせで、[サーバーの最適化] の値が設定されているようです。

Windows Server 2003 / 2008 / R2 のデフォルトの組み合わせは [Maximize data throughput for file sharing] となっているので、
[ファイル共有のデータスループットを最大にする] になっています。

Windows Server 2008 以降ではレジストリを直接変更する必要があるので、ちょっと面倒ですね。

Written by masayuki.ozawa

5月 9th, 2010 at 11:23 am

Posted in Windows Server

Leave a Reply

*