SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2008 R2 のフェールオーバークラスタのインストール その 1 – MSDTC のリソース作成 –

leave a comment

SQL Server 2008 R2 の日本語版 RTM がダウンロードできるようになったので、さっそくクラスタのインストールをまとめてみたいと思います。
# 私のブログに期待されているのはこの内容だと思いますので。

まずは、MSDTC のリソース作成から。
今までまとめたことなかったみたいなんですよね。

WSFC のコアクラスタリソースに関しては構築が完了しています。
コンピュータ名等に関しては以下の図のようになっています。
# 2008R2-WSFC-01 がクラスタのコンピュータ名になります。

image

■MSDTC 作成前の準備

MSDTC のリソース作成時に [共有ディスク] [コンピュータアカウント] [IP アドレス] が必要となります。

  • 共有ディスク
    共有ディスクに関しては、クラスタで使用可能なディスクとして [使用可能記憶域] に割り当てをしておきます。
    クォーラムディスクと違って DTC で使用するディスクはドライブ文字が必要になります。
    image
  • コンピュータアカウント
    [コンピュータアカウント作成権限の委任][Account Operators] を付与している場合は特に準備は必要ないのですが、
    事前にコンピュータアカウントを作成しておく場合は、適切な設定をしておく必要があります。
    1. コンピュータアカウントを作成します。
      image
    2. 作成したコンピュータアカウントを [無効] にします。
      image
      image
    3. 作成したコンピュータアカウントに [クラスタのコンピュータアカウントのフルコントロール] を設定します。
      image 

以上でコンピュータアカウントの設定は完了です。
事前にコンピュータアカウントを作成している場合、適切な設定がされていないと DTC のサービスを作成する際に以下のエラーがとなります。
image 

コンピュータアカウントを事前に作成していない場合は、[Computers] のコンテナにコンピュータアカウントが作成されます。
# 作成されるコンピュータアカウントの [ms-DS-Creator-SID] はクラスタのコンピュータアカウントになっていますので、
  クラスタのコンピュータアカウントを利用して DTC のコンピュータアカウントを作成しています。
この場合は、[フルコントロール] ではなく必要となりそうな権限のみが付与されているようですので、厳密には [フルコントロール] である
必要はないんでしょうね。

  • IP アドレス
    MSDTC には IP アドレスのリソースが必要になりますので、割り当て可能な IP アドレスを事前に準備しておきます。
    今回は DHCP で作ってしまっているので、固定 IP は用意していません。

以上で事前準備は完了です。

続いて MSDTC のリソースを作成します。

■MSDTC の作成

フェールオーバークラスターマネージャーで MSDTC のリソースを作成します。

    1. [操作] → [サービスまたはアプリケーションの構成] をクリックします。
      image
    2. [次へ] をクリックします。
      image
    3. [分散トランザクションコーディネーター (DTC)] を選択し、[次へ] をクリックします。
      image
    4. [名前] を設定し、[次へ] をクリックします。
      # 以下の名前は、自動で設定されていたものです。また、固定 IP を使っている場合はここで設定することになったはずです。
      [名前] に入力したものが DTC のコンピュータアカウントとなります。
      image
    5. DTC で使用するディスクを選択して、[次へ] をクリックします。
      image
    6. [次へ] をクリックします。
      image
    7. [完了] をクリックします。
      image
       

以上で、MSDTC のリソース作成は完了です。
image 
# [名前] の状態が [オンライン (名前解決はまだ使用できません)] となっている場合は、DTC のコンピュータリソースの DNS 登録がされていない
    可能性がありますので、DNS の登録状況を確認します。
  [ipconfig /registerdns] や、コンピュータ名リソースのオフライン→オンラインを実行すると解消できると思います。

作成した DTC は [クラスター化された DTC] として設定がされます。
# 以下はコンポーネント サービスの表示内容です。

作成した DTC のプロパティを開き、セキュリティの設定をしておきます。
このセキュリティの設定はいろいろな情報を見てこれかな~といったレベルの設定ですので、ベストプラクティスではありません…。
# DTC のリソースを保持していないノードだと、コンピューター展開しても反応がない可能性があります。
 その場合は、リソースを保持しているノードまたは、サービスを操作するノードに移動して設定をします。
    一度サービスを保持していれば、リソースが他のノードに移動しても設定はできるみたいなんですけどね。
image

image
image
image 

これで SQL Server をインストールする際に必要な DTC のリソースを作成することができました。
次の投稿で SQL Server のインストールをしたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

5月 5th, 2010 at 3:14 am

Posted in SQL Server

Leave a Reply

*