SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

HP t5720 に Windows Embedded Standard 7 をインストール その 3 – OS のインストール –

leave a comment

部品の交換が終わったら Windows Embedded Standard 7 をインストールします。

Windows Embedded Standard 7 は現在 CTP ですので、[connect からダウンロード] します。
Windows Embedded Standard

■Windows Embedded Standard 7 CTP のインストール

Windows Embedded Standard 7 は組み込みシステム用の OS ですが [Hyper-V でもインストール可能] となっています。

カメラで写真を撮りながらインストールするのもちょっと大変なので、Hyper-V にインストールしてみたいと思います。
t5720 へのインストールと Hyper-V へのインストールではほとんど差はありません。
# t5720 だと完了するまで 4 時間ほどかかるので、インストール中は気長に時間をつぶす必要があります。

  1. メディアをセットして、端末を起動します。
    t5720 は DVD ドライブ等はついていませんので外付けの DVD ドライブを準備する必要があります。
  2. [Build an Image] をクリックします。
    正式な名称は、[Windows Embedded Standard 7] に変わったはずなのですが、まだ、[Windows Embedded Standard 2011] と
    なっています。
    Windows 7 ベースの OS のため、統合サービスがインストールされた状態となっているようで、マウスの使用も問題ありませんし、
    統合ネットワークアダプタも利用できます。
    image
  3. [I accept the license terms] を有効にして、[Next] をクリックします。
    image
  4. 使用するテンプレートを選択して、[Next] をクリックします。
    今回はシンクライアント用の環境を作成したいので、[Thin Client] を選択しています。
    image
  5. 使用する言語とキーボードを選択して、[Next] をクリックします。
    今回は、日本語環境で設定しています。
    image
  6. 機能とドライバを変更する場合はチェックボックスを有効にして、[Next] をクリックします。
    今回はテンプレートのまま使用するので、チェックボックスは有効していません。

    image
    この画面でインストール時のフットプリントのサイズが表示されるのですが、[Thin Client] の場合は、[1521 MB] となっています。
    t5720 の標準フラッシュメモリではインストールできないですね。

    以下は、[Minimum Configuration] を選択した場合の画像になります。
    [Minimum Configuraiton] の場合は、[621 MB] 必要となります。
    t5720 の 1GB モデルであればインストールできそうですね。t5730 というモデルであれば、標準で 1GB だったはずですので、
    すんなりインストールできるかもしれません。
    # t5730 はメモリ 1 GB / フラッシュメモリ 1GB のモデルのはずですので。
    image

  7. インストールするディスクを選択して、[Next] をクリックします。
    image

    t5720 + CF カードの場合は、一度フォーマットしないと [Next] をクリックすることができませんでした。
    t5720 にインストールする場合は、ディスクを選択して、[Drive option (advanced)] をクリックし、
    [Format] をしてから、[Next] をクリックします。

    Windows 7 ベースの OS ですので、[Create separate system partitoin] を有効にすると、先頭に 100MB の
    パーティションを作ってからインストールが開始されます。
    今回は、先頭の 100MB のパーティションを作るようにしてインストールをしています。
    image

  8. インストールが開始されますので完了するまで待ちます。
    image 
  9. [ユーザー名] と [コンピュータ名] を設定して、[次へ] をクリックします。
    image
  10. [パスワード] を入力して、[次へ] をクリックします。
    image
  11. プロダクトキーを入力して、[次へ] をクリックします。
    CTP 用のプロダクトキーに関しては、インストールメディアをダウンロードする際に入手できます。
    image
  12. [次へ] をクリックします。
    image
  13. 自動更新の設定をします。
    image
  14. タイムゾーンの設定をして、[次へ] をクリックします。
    image 
  15. ネットワークプレースを選択して、[次へ] をクリックします。
    image
  16. 最終処理が実行されます。
    image

以上でインストールは完了です。
ほとんど Windows 7 と変わらないですね。
image

この後、に EWF の設定をすればシンクライアントの基本的な設定は完了です。

次の投稿で EWF の設定について投稿したいと思います。
# よく考えたら、デフォルトで EWF は有効にならないですよね…。本当は今回の投稿で終わりにできると思っていたのですが。

Written by masayuki.ozawa

4月 11th, 2010 at 9:32 am

Posted in Windows Embedded

Leave a Reply

*