SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

TMG 2010 で RD Web アクセスを公開

2 comments

先週の頭まで、MCP 70-659 の勉強で検証環境に VDI や RemoteApp を構築していました。
VDI と RemoteApp は RD (リモートデスクトップ) Web アクセスで公開することができます。

私の使っている検証環境には TMG 2010 があるので、リバースプロキシ越しで使うことができるのかな?
と思って RD Web アクセス用のルールを作って試してみました。

 

■TMG 2010 のファイアウォールポリシー

リバースプロキシはファイアウォールポリシーで設定をすることになります。
パスの変換ルールとして [RDWeb] を許可するルールを作る必要があります。

設定については以下の画像の用になります。
[/RDWeb/*] のパスに対してのアクセスを許可しています。
image 

ブリッジに関しては [HTTPS to HTTPS] (TMG が 443 で受けて RD Web アクセスの 443 に接続) で設定しているのですが、
これは [HTTPS to HTTP] (TMG が 443で受けて RD Web アクセスの 80 に接続) でもよいかもしれないですね。
image 

ざっくりとした概要図を書くと以下のようになります。
# 正確には RD 接続ブローカーや、RD ゲートウェイも入っていたりするのですが。

image 

クライアントからは、TMG 2010 に HTTPS でアクセスできれば RD Web アクセスを経由して、VDI や RemoteAppを
使用することができるようになります。

image 

image

VDI / RemoteApp は RD ゲートウェイを設定することができ、[接続承認ポリシー] [リソース承認ポリシー] と
組み合わせることもできます。
image  image image  image

TMG と RD ゲートウェイが組み合わされるため、構築していて認証される個所がよくわからなくなってきましたが…。
設定がきちんとされていれば、TMG 2010 越しで VDI と RemoteAppを使用することができるようになります。

Windows 7 の [RemoteApp とデスクトップ接続] も TMG 2010 越しで使用することができます。
image 
image  image
image

リスナーの認証設定によっては、[認証の委任] を [委任できません。クライアントは直接認証できます] に
設定しないとうまく動作しないことがあるかも知れません。
# クライアントは直接認証できないのが望ましいんでしょうけど。私の環境はリスナーの認証設定をきちんと整備していないので
 直接認証できないと接続ができないことがしばしばあります。
image 

HTTPS を公開することでいろいろなサービスが享受できるようになりますね。

Written by masayuki.ozawa

3月 22nd, 2010 at 2:33 pm

Posted in ISA

2 Responses to 'TMG 2010 で RD Web アクセスを公開'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'TMG 2010 で RD Web アクセスを公開'.

  1. MCP 70-659 は私も受けました~何とか合格しましたが、RDサービスが私は弱かったな・・・あとVMWAREとの連携あたりですかね~

    Naoki

    23 3月 10 at 08:02

  2. 私も何とか合格でした~。私の場合、RD サービスは全部解けていたみたいだったのですが、高可用性のセクションが散々たる結果でした…。# RD サービスが一番自信なかったのですが勘が冴えたようですw試験範囲に出題の比率が書かれていないのでヤマがはりにくかったですね。MCP 70-652 と違って、mstep の R2 対応版の仮想化の資料だけでは合格は厳しそうですね。

    真之

    23 3月 10 at 09:17

Leave a Reply

*