SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

MED-V 1.0 SP1 RC をインストール – クライアント編 –

leave a comment

サーバーの準備は終わりましたので、続いてはクライアントです。

■クライアントのシステム要件

リリースノートのシステム要件の対応 OS は以下のように記載されています。

Operating System Edition Service Pack System Architecture
Windows XP Professional Edition SP2 or SP3 x86
Windows Vista Business, Enterprise, or Ultimate SP1 or SP2 x86
Windows 7 Professional, Enterprise, or Ultimate None x86 or x64

Windows 7 への対応が大きなところですね。
また、今までは x86 でのみクライアントが動作していたのですが Windows 7 のみ x64 に対応しています。
そのため、インストーラーは x86 / x64 別々のものとなっています。

今回の投稿では Windows 7 Ultimate x64 の VHD ブート環境を使用しています。

 

■ワークスペースで実行可能なゲスト OS

MED-V のワークスペースで実行可能なゲスト OS は以下になります。

Operating System Edition Service Pack System Architecture
Windows 2000 Professional SP4 X86
Windows XP Professional Edition SP2 or SP3 x86

ただしリリースノートでは XP の SP について以下の注釈があります。

SP3 is recommended to ensure that the MED-V workspace will be compatible with future versions of MED-V.

今後を考えると SP2 ではなく、SP3 が推奨されますよね。
XP で動作させる必要があるだけであればゲスト OS は SP3 で構築しておいた方が、MED-V バージョンアップ後もシステム要件を
満たすことができるかと。

 

■Windows 7 に Virtual PC 2007 SP1 をインストール

MED-V 1.0 は Virtual PC 2007 SP1 上で動作します。
これは Windows 7 を使用していても例外ではありません。(MED-V v2 で Windows Virtual PC に対応するようですが。)

MED-V をクライアントで使用するためにはまずは Virtual PC 2007 SP1 をインストールします。
必要なモジュールはダウンロードしたモジュールに含まれています。

  1. [VPC 2007 SP1 x64.exe] を実行します。
     image
  2. [次へ] をクリックします。
    image
  3. [使用許諾契約書に同意します] を選択し、[次へ] をクリックします。
    image
  4. [次へ] をクリックします。
    image
  5. [インストール] をクリックします。
    image image
  6. [完了] をクリックします。
    image

通常の Virtual PC 2007 SP1 のインストールですね。
この後に修正モジュールをインストールします。

Virutal PC 用の修正モジュールとして以下の 2 種類がダウンロードファイルに含まれています。

  • KB974918
  • KB979714

両方とも手順は一緒ですので KB974917 のインストール手順のみ記載しておきます。

  1. [KB974918 – x64.msp] を実行します。
    image
  2. [使用許諾契約書に同意します] を選択し、[次へ] をクリックします。
    imageimage
  3. [完了] をクリックします。
     image

同様の作業を [KB979714 – x64.msp] でも実行します。

これで Virtual PC 2007 SP1 の準備は完了です。

■MED-V クライアントのインストール

続いて MED-V のクライアントをインストールします。

  1. [MED-V_1.0.105.msi] を実行します。
    MED-V 1.0 SP1 RC のクライアントに関しては、x86 / x64 の区別は無いようです。
    拡張子が MSP のファイルに関しては、MED-V 1.0 を実行している場合のアップデートパッケージになります。
     image
  2. [Next] をクリックします。
    image
  3. [I accept the terms in the license agreement] を選択して、[Next] をクリックします。
    image
  4. [Next] をクリックします。
    image
  5. インストールする機能と接続先の MED-V サーバーを指定し、[Next] をクリックします。
    今回は管理コンソールも合わせてインストールしています。
    image
  6. [Install] をクリックします。
    image   image
  7. [Finish] をクリックします。
    image

以上でクライアントのインストールは完了です。

管理コンソールを実行して、サーバーに接続ができました。
image image

続いては本題のワークスペースの起動です。
image

ワークスペースのダウンロードが開始されます。
image

ダウンロードが終了すると Virtual PC を英語表示にするかのメッセージボックスが表示されるので、[Yes] を選択しておきます。
image

ワークスペースの起動が開始されます。
image

ファイアウォールのダイアログが表示されたら、[アクセスを許可する] をクリックします。
image

MED-V のアプリケーションがスタートメニューに追加されているのでさっそく実行してみます。
image

XP の IE を Windows 7 上で起動することができました。

image

Windows 7 で実行する場合も今までの導入方法と変わらないですね。
Windows 7 で実行できると VHD ブートで環境が作れるので、取り回しが楽でいいですね。

Written by masayuki.ozawa

2月 25th, 2010 at 12:53 pm

Posted in MDOP

Leave a Reply

*