SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

ドメインコントローラーと Exchange Server 2010 の共存環境の構築

leave a comment

以前 ドメインコントローラーと Exchange Server 2007 の共存環境の構築 という投稿をしました。
これが Exchange Server 2010 の場合はどうなるのかなと思って検証してみました。

今回の組み合わせは Windows Server 2008 R2 + Exchange Server 2010 になります。

まず前回はインストールができなかった IPv6 を無効にした状態でインストールを実行してみました。
 image

Exchange 2010 でもIPv6 が有効になっていないとエラーになってしまうようですね。
image

IPv6 が有効になっている状態ではインストールが完了します。
image

IPv6 が有効な場合はインストールすることができました。
image

ドメインコントローラーと共存させる場合は、Exchnage 2007 と同様の条件になるようですね。

2010/4/21 追記

2007 同様、IPv6 でインストールができないのは以下の KB の現象でした…。

Windows Server 2008 ベースのコンピューターで、Exchange Server 2007 のハブ トランスポートの役割または Microsoft Exchange Server 2010 のハブ トランスポートの役割のインストールが失敗する

こちらも IPv6 が無効でもインストールできます。

Written by masayuki.ozawa

2月 5th, 2010 at 2:23 pm

Posted in Exchange

Leave a Reply

*