SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

TMG 2010 の Exchange 2010 用の公開ルール

leave a comment

TMG 2010 には Exchange 用のアクセスルールとして、Exchange 2010 に対応したものが含まれています。

image

作成されたルールでは、パスが以下のように設定されます。
image

TMG 2010 で作成した Exchange 2007 用のルールが下になります。

image

ISA 2006 で作成した Exchange 2007 のルールが下になります。

image

Exchange 2007 のルールは TMG も ISA も同じですね。
Exchange 2010 と Exchange 2007 の違いは、[ecp] と [Exchweb] になるようですね。

[Exchweb] は予定表やアドレス帳の制御機能を提供していたディレクトリになるようです。
Exchange 2010 でも [Exchweb] は IIS 上で存在しているのですが OWA のパスを
仮想ディレクトリとして設定しているものになっています。
image
Exchange 2007 では アプリケーションとして登録されていたかと。
# Exchange 2007 を撤去してしまったので、書籍で確認したレベルですがアプリケーションになっているようです。

Exchange 2010 では、[Exchweb] の機能は [OWA] ディレクトリに統一されているようですね。

ECP は確認していなかったのですが、Outlook Web App は Exchange 2007 のルールそのままでもそれなりに
動いていたと思います。
# 旧環境をいろいろと撤去してしまったので、きちんとした確認はできていませんが。

ISA 2006 で Exchange 2010 を公開する場合には Exchange 2007 のルールをベースに ecp のパスを
追加してあげれば対応できそうです。

Written by masayuki.ozawa

12月 16th, 2009 at 2:26 pm

Posted in ISA

Leave a Reply

*