SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

ISA 2006 の設定を TMG 2010 に移行

leave a comment

ISA 2006 の設定を TMG 2010 に移行できるかを検証してみました。

  • ISA 2006 から設定をエクスポート
  1. ISA 2006 で [ISA Server の管理] を起動します。
    image
  2. [エクスポート (バックアップ)] をクリックします。
    image
  3. [次へ] をクリックします。
    image
  4. [機密の情報をエクスポートする] と [ユーザーアクセス許可設定をエクスポートする] を有効にして、
    [次へ] をクリックします。
    image
  5. ファイルの出力場所を選択して、[次へ] をクリックします。
    image
  6. [完了] をクリックします。
    image 
  7. [OK] をクリックします。
    image

エクスポートしたファイルを TMG 2010 に移します。
この状態では両方共の ISA / TMG のファイアウォールが設定されている状態ですので、
どちらかに CIFS を許可するアクセスルールを作成して、ファイルを移動させます。

 

  • TMG 2010 に設定をインポート
  1. TMG 2010 で [Forefront TMG の管理] を起動します。
    image
  2. [開始ウィザード] が起動するので、[閉じる] で閉じます。
    image
  3. [はい] をクリックします。
    image
  4. [インポート (復元)] をクリックします。
    image
  5. [次へ] をクリックします。
    image
  6. インポートするファイルを選択して、[次へ] をクリックします。
    image
  7. [OK] をクリックします。
    image
  8. 今回はエクスポート時にパスワードを設定していますので、エクスポート時に設定したパスワードを入力して、
    [次へ] をクリックします。
    image
  9. [完了] をクリックします。
    image
  10. [OK] をクリックします。
    image
  11. [閉じる] をクリックします。
    image 
  12. [適用] をクリックします。
    image
  13. [適用] をクリックします。
    image
  14. [OK] をクリックします。
    image

この状態では、上のダイアログに表示されているように、サーバー証明書と、レポート構成設定はインポートされていないので、
これらに関しては手動でインポート、設定を行います。

以上で設定の移行は完了です。

ISA 2006 の IP に付け替えてみたところ、正常にルールも稼働しています。

TMG 2010 は x64 専用ですので、ISA 2006 から直接アップグレードをすることができません。
# ISA 2006 は x86 専用です。
インポート / エクスポートで設定が簡単に移行できると、移行工数を抑えることができていいですね。

開始ウィザードを使用した初期設定は次の投稿で。

Written by masayuki.ozawa

12月 13th, 2009 at 12:07 pm

Posted in ISA

Leave a Reply

*