SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Exchange Server 2007 を撤去

leave a comment

自宅の検証環境は Exchange Server 2007 で最初構築していたので、現在は 2007 + 2010 の共存環境となっています。

そろそろ Exchange Server 2010 のみの環境にしようと思い、2007 の撤去を開始しました。
# Exchange 2007 を撤去しないと、TMG 2010 の検証環境の構築がリソース的に厳しいんですよね。

まずは、単純にアンインストールを試みてみました。

  1. クライアント アクセスをアンインストール
    まずは簡単に役割がアンインストールできそうな CAS から撤去してみたいと思います。
    役割の削除は [コントロールパネル] の、[プログラムと機能] から[Exchange Server 2007] のアンインストールを行います。

    [Exchange 保守モード] が起動しますので、削除する役割のチェックボックスを [オフ] にします。
    image
    前提条件のチェックはすんなり通過できました。
    それでは削除してみたいと思います。
    image
    CAS は問題なく削除完了です。
    image

  2. ハブ トランスポートをアンインストール
    続いて HUB をアンインストールしてみたいと思います。

    image
    送信コネクタの [送信元サーバー] として、Exchange 2007 の HUB が設定されているのでエラーとなっているようです。
    image 
    送信コネクタから 2007 の HUB を削除したところ、前提チェックも通過しました。
    image
    ということでこちらも削除。
    image
    前提条件を満たしているのであっさりと削除できました。
    image

  3. メールボックス をアンインストール
    最後にメールボックスをアンインストールします。
    最後の機能をアンストールする際には、管理ツールも削除できるようになります。
    image
    いろいろとエラーになりました。
    image
    それでは一つずつ解消していきたいと思います。
    1. オフラインアドレス帳生成サーバーの移動

      Exchange の管理コンソールからオフラインアドレス帳サーバーを移動させます。
      image

      image
      image

    2. パブリックフォルダの削除

      パブリックフォルダのエラーについては検証用の環境なので、思い切ってパブリックフォルダを削除してしまいます。

      Get-PublicFolder -Server $ENV:COMPUTERNAME "" -Recurse -ResultSize:Unlimited | Remove-PublicFolder -Server $ENV:COMPUTERNAME -Recurse -ErrorAction:SilentlyContinue

      Get-PublicFolder -Server $ENV:COMPUTERNAME "Non_Ipm_Subtree" -Recurse -ResultSize:Unlimited | Remove-PublicFolder -Server $ENV:COMPUTERNAME -Recurse -ErrorAction:SilentlyContinue

      パブリックフォルダの削除は以下の URL が参考になります。

      パブリック フォルダ データベースの削除
      組織内の最後のパブリック フォルダ データベースを削除する方法

      このまま削除をしようとしたところ、以下のエラーが発生してしまいました。
      image 
      Exchange 2010 側でパブリックフォルダの作成をした記憶はないんですけどね…。
      ログを確認したところ、Remove-PublicFolderDatabase でエラーとなっているようでした。
      Exchange 2010 で Remove-PublicFolderDatabase を実行したのですがうまく削除できなかったので、
      ADSIエディタを使って構成パーティションからパブリックフォルダのエントリーを強制削除してしまいました。

      [CN=Configuration,DC=<ドメイン名>,CN=Services,CN=<組織名>,CN=Administrative Groups,CN=Exchange Administrative Group (FYDIBOHF23SPDLT),CN=Servers,CN=<Exchange 2007>,CN=InformationStore]
      からパブリックフォルダのストアを強制削除。

    3. メールボックスの移動

      Exchange Server 2007 に存在しているメールボックスを Exchange Server 2010 に移動します。
      Exhcange 2010 へのメールボックスへの移動は Exchange 2010 の管理コンソールから実行します。

      ローカル移動要求を新規作成して移動させます。
      image

    これで準備完了です。
    前提条件のチェックも終了したので削除します。
    image 
    事前準備が終了していたので削除も問題なく完了しました。
    image 

これで Exchange 2007 の撤去は完了です。
パブリックフォルダーに関しては調査が必要だな~と感じました。
Exchange 2007 → 2010 へ移行にするに際し、パブリックフォルダーは廃止としてもらえればいいのですが、
実際はそうもいかないと思いますので。

これで Exchange 2007 をシャットダウンした状態にできるようになりました。
ようやく TMG 2010 の検証環境を構築できます。

Written by masayuki.ozawa

12月 12th, 2009 at 4:48 pm

Posted in Exchange

Leave a Reply

*