SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

AD 降格時に Exchange 管理コンソールでエラーになった件の続き

leave a comment

Windows Server 2008 AD DS を Windows Server 2008 R2 AD DS に移行し、2008 AD DS を
降格させたときに Exchange Server 2010 RC の管理コンソール (EMC) を開くと Active Directory の
0x51 のエラーが発生してしまう件ですが、Exchange 2010 を OS 毎入れなおしたところ、
エラーが発生しなくなりました…。

再度 2008 AD DS をインストールして、降格させたところ現象が再現。

Set-ExchangeServer コマンドレットの、StaticDomainControllers / StaticConfigDomainController
StaticExcludedDomainControllers / StaticGlobalCatalogs を設定しても解決しませんでした。

また、AD の構成パーティションに情報が残っているのかと思って ldifde で構成パーティションを
エクスポートして一通り調べてみたのですが、2008 AD DS の情報は残っていませんでした。

他のユーザーで EMC を実行したところ、エラーが発生しなかったのでユーザー固有の問題かと思って、
エラーが発生しているユーザーのプロファイルを削除して、再度 EMC を実行したらエラーが発生しなくなりました。

Exchange や AD 側の問題ではなく、ユーザープロファイルの中に何か情報が残ってしまっていたのでしょうか??
具体的な解決策までたどり着いていないのですがメモとして残しておきたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

11月 3rd, 2009 at 2:19 pm

Posted in Exchange

Leave a Reply

*