SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

2008 R2 Active Directory に移行 – AD DS の降格 –

leave a comment

一通り、AD の移行が終わりましたので、今まで使用していた 2008 AD DS を撤去したいと思います。

[AD の降格]

AD の撤去は [dcpromo] から実施します。
AD CS 等、AD 関連の役割がインストールされている場合は事前に役割から削除しておく必要があります。

  1. [ファイル名を指定して実行] から [dcpromo] を実行します。
    image
  2. [次へ] をクリックします。
    image
  3. [OK] をクリックします。
    image
  4. [次へ] をクリックします。
    image
  5. [このサーバーを指している DNS 委任を削除する] のチェックをはずして、[次へ] をクリックします。
    image
  6. パスワードを設定して、[次へ] をクリックします。
    image
  7. [次へ] をクリックします。
    image
  8. [完了時に再起動する] を有効にして、削除が終わるまで待ちます。
    image

以上で既存ドメインコントローラーの降格は終了です。

この状態で Exchange Server 2010 RC に影響が出ないか確認をしてみたところ、以下のエラーが発生しました。
image

ひとまず、構成ドメイン コントローラーを変更してみました。

image
image

メールボックスの一覧等は表示できるようになったのですが、エラーが出る状況は変わらず。
どこかにドメインコントローラーの情報が残ってしまっているようです。

Exchange 2007 では正常に認識ができているのですが、2010 では NG です…。
仕方ないので、Exchange 2010 を再インストールしみたのですが状態は変わらず。

アンインストールしようとしたところいろいろと問題が発生して、以下の情報を参考にする必要がありました。
# メールボックスの削除とパブリックフォルダの削除がうまくできませんでした。

Exchange 2007 をコンピュータから削除する方法
Exchange 2010 – What is an arbitration mailbox?
Uninstall Exchange 2010

Exchange 2010 の RTM ももうじき TechNet からダウンロードできるようになると思いますので、
ダウロードできるようになったら RTM でも同様の現象が発生するのか試してみたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

11月 1st, 2009 at 1:22 pm

Posted in Active Directory

Leave a Reply

*