SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2008 R2 CTP のフェールオーバークラスタのインストール その 2

leave a comment

SQL Server 2008 R2 のノード追加作業です。
最初に書いておきますと、ノードの追加に失敗してしまいました…。

  1. [Installation] → [Add node to a SQL Server failover cluster] をクリックします。
    image
  2. [OK] をクリックします。
    image
  3. [Next] をクリックします。
    image
  4. [I accept the license terms] を有効にして、[Next] をクリックします。
    image
  5. [Install] をクリックします。
    image
  6. [OK] をクリックします。
    このタイミングで再起動したほうがいいんでしょうね。
    今回は検証なので再起動せずに進めてみます。
    image
  7. [Next] をクリックします。
    image
  8. ノードを追加するインスタンスをプルダウンから選択し、[Next] をクリックします。
    image
  9. パスワードを設定し、[Next] をクリックします。
    image
  10. CEIP の設定をし、[Next] をクリックします。
    image
  11. [Next] をクリックします。
    image
  12. [Install] をクリックします。
    image image
  13. [OK] をクリックします。
    image
  14. クラスタ関連のサービスインストールが全滅でした…。
    image
    再度セットアップを実行したら最後まで処理できなくなってしまいました。
    一度すべてのコンポーネントをアンインストールしてリトライしても駄目です。
    image

最初のノードのインストールが終了した際に再起動していなかったことが気になりますがスナップショットを撮っていなかったので、
簡単に再検証することもできず…。

中途半端な投稿となってしまいましたが環境を再整備できたらまた試してみたいと思います。

R2 をインストールすると SQL Server 2008 の共有コンポーネントも R2 にアップグレードされてしまうものがあるようなので、
共存環境を作る際は考慮が必要かもしれないです。

Written by masayuki.ozawa

10月 18th, 2009 at 4:07 am

Posted in SQL Server

Leave a Reply

*