SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2008 R2 CTP のフェールオーバークラスタのインストール その 1

leave a comment

SQL Server 2008 R2 August CTP でクラスタのインストールを試してみました。

  1. [Installation] → [New SQL Server failover cluster installation] をクリックします。
    image
  2. [OK] をクリックします。
    image 
  3. [Next] をクリックします。
    image
  4. [I accept the license terms.] を有効にして、[Next] をクリックします。
    image
  5. [Install] をクリックします。
    image
  6. [OK] をクリックします。
    image
  7. [Next] をクリックします。
    image
  8. インストールする機能を選択し、[Next] をクリックします。
     image
  9. SQL Server の仮想ホスト名とインスタンス名を入力し、[Next] をクリックします。
    image
  10. [Next] をクリックします。
    image
  11. SQL Server で使用するクラスタグループを入力または選択し、[Next] をクリックします。
    image
  12. SQL Server で使用するディスクを選択し、[Next] をクリックします。
    image
  13. SQL Server で使用する IP アドレスを設定し、[Next] をクリックします。
    image
  14. サービス SID またはドメイングループを設定し、[Next] をクリックします。
    image
  15. SQL Server のサービス用のアカウントと照合順序を設定し、[Next] をクリックします。
    R2 でも日本語の照合順序の最新は [Japanese_XJIS_100] のようです。
    まだ CTP の段階ですので RTM では増えているかもしれませんが。
    また、データベースエンジンのみのインストールの時はAnalysis Services の照合順序の設定はなくなったようです。
    image image
  16. SQL Server の管理者アカウントとデータファイルのパス、FILESTREAM の設定をし、[Next] をクリックします。
    image image
    image
  17. CEIP の設定をし、[Next] をクリックします。
    今回使用しているのは CTP ですのでデフォルトは有効になっています。
    image
  18. [Next] をクリックします。
    今回はサポートファイルをインストールした際に再起動しなかったので警告が表示されていました。
    警告なら大丈夫かなということで次に進んでみます。
    image
  19. [Install] をクリックします。
    image image
  20. [OK] をクリックします。
    image
  21. [Next] をクリックします。
    image
  22. [Close] をクリックします。
    image
  23. [OK] をクリックします。
    image

R2 のクラスタのインストールは SQL Server 2008 と同じですね。
ノードの追加はその 2 で検証したいと思います。

Written by masayuki.ozawa

10月 17th, 2009 at 2:44 pm

Posted in SQL Server

Leave a Reply

*