SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2008 のフェールオーバークラスタのインストール その 2

leave a comment

作成したクラスタにノードの追加作業です。

以下の画像は、インストール直後のクラスタ化された SQL Server のサービスのリソースのプロパティになります。
image

インストール直後はクラスタを形成する他のノードには SQL Server がインストールされていないため、
実行可能な所有者には SQL Server のクラスタをインストールしたノードのみが表示されています。

このままでは耐障害性がありませんのでノードを追加していきます。

[SQL Server 2008 ノードの追加]

以下の作業は追加するノードで実行します。

  1. スリップストリーム セットアップの手順でインストーラーを起動します。
    単純にメディアインストールしてしまうと更新プログラムが適用されていない状態となりますので、
    ノードの追加もスリップストリーム セットアップで実行します。
  2. [プログラムを実行する] をクリックします。
    image
  3. [インストール] → [SQL Server フェールオーバー クラスタにノードを追加します] をクリックします。
    image
  4. [プログラムを実行する] をクリックします。
    image
  5. [OK] をクリックします。
    image
  6. [インストール] をクリックします。
    image
  7. [次へ] をクリックします。
    image
  8. [次へ] をクリックします。
    image
  9. [使用許諾契約書に同意する] を有効にし、[次へ] をクリックします。
    image
  10. ノードを追加するインスタンスをプルダウンから選択し、[次へ] をクリックします。
    下のリストで選択しても追加するインスタンスを選択したことにはなりませんので注意が必要です。
    image
  11. サービスの起動アカウントのパスワードを入力し、[次へ] をクリックします。
    image
  12. CEIP の設定をし、[次へ] をクリックします。
    image
  13. [次へ] をクリックします。
    image
  14. [インストール] をクリックします。
    スリップストリーム セットアップなので、アクションに [スリップストリーム] と表示されています。
    image image
  15. [次へ] をクリックします。
    image
  16. [閉じる] をクリックします。
    image

クラスタの管理コンソールから詳細なポリシーを表示するとノードが追加されていることが確認できます。

image

SSMS のインストールはされなかったような気がしていたのですが一緒にインストールされていました。
image

BOL はインストールされていないので手動でインストールする必要があります。
BOL はインストールメディアの内容は古いものになりますので最新版をダウンロードして
インストールするほうがよいと思います。

投稿時点の BOL の最新は以下のものになります。
Microsoft SQL Server 2008 オンライン ブック (2009 年 7 月)

SQL Server 2008 のクラスタ構築の基本手順は以上になります。
今度は、SQL Server 2008 R2 August CTP のクラスタ構築を試してみたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

10月 17th, 2009 at 1:10 pm

Posted in SQL Server

Leave a Reply

*