SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Exchange 2010 の EMC で OAB の仮想ディレクトリが表示できない

leave a comment

Exchange 2007 / 2010 の共存環境で、既定のオフラインアドレス帳の Web ベースの配布のための仮想ディレクトリの
設定を表示すると以下のエラーが表示されてしまいました。

image

KB を検索してみたところ、Exchange 2007 の情報として以下のものがありました。

クライアント アクセス サーバー (CAS) 役割がインストールを持つユーザー管理者参照のみ可) でユーザーが権限を持つユーザーが実行コマンド、Exchange サーバー上と、エラー メッセージ: アクセスが拒否されました"

海外のブログでは以下の記事が
2147024891 – Access is denied: error in EMC

今の設定では既定のオフラインアドレス帳の配布サーバーは Exchange 2007 となっています。
EMC (Exchange Management Console) を実行しているユーザーは Domain Admins のユーザーで、
Exchange 2007 / 2010 のローカルのアドミニストレータ権限を保持しているユーザーです。

コンポーネントサービスの [既定の偽装レベル] も [偽装する] になっているのですが、エラーが消せませんでした。

Exchange 2007 のローカル Administrators グループに Exchange 2010 のコンピュータアカウントを追加したところ
表示できるようになりました。

image

権限関連でエラーが出ていると思うのですが具体的な設定値まではつかめませんでした…。

Written by masayuki.ozawa

10月 12th, 2009 at 1:29 pm

Posted in Exchange

Leave a Reply

*