SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

WSFC でディスク署名の変更時の修復作業

leave a comment

Windows Server 2003 までの MSCS では、クラスタで使用しているディスクを交換して、ディスク署名が変わると
ClusterRecovery でドライブの変更または、dumpcfg でディスク署名を変更して、交換したディスクを交換前の
ディスクと同じようにするという作業を実施していました。

Windows Server 2008 の WSFC (MSFC) で、ディスク署名が変更されるとどのような動きになり、どのような修復
作業が必要になるのかを調べてみました。

Windows Server 使い倒し塾 の以下の記事を自分なりにまとめてみた形です。
Windows Server 2008 フェールオーバー クラスタで、clusterrecovery.exe によるディスク署名の変更は必要か?

Windows Server 2008 では、DISKPART コマンドからディスク署名の確認 / 変更ができます。
# ディスク署名の確認は以前の OS の DISKPART でもできますね。

ディスク署名の確認 / 変更の操作は以下のコマンドになります。

DISKPART

LIST DISK
または
LIST VOL

SELECT DISK <ディスク ID>
または
SELECT VOL <ボリューム ID>

[ディスク署名の確認]
UNIQUEID DISK

[ディスク署名の変更]
UNIQUEID DISK ID=xxxxxxxx

DISKPART を実行して UNIQUEID コマンドから、ディスク署名の確認 / 変更が行えます。

ディスクに対して署名を変更しますので最初に [LIST DISK] または、[LIST VOL] で対象のディスクを確認しています。

LIST VOL ではボリュームの確認になりますが、[SELECT VOL] でボリュームを選択すると、ボリュームを作成している
ディスクが選択されますので、ドライブレターからディスクを判断する場合は、[LIST VOL] で調べて [SELECT VOL] で
ボリュームからディスクを選択するのが使いやすいと思います。

[ディスク署名が変更された場合の修復]

まずはディスク署名だけを変更して、クラスタのディスクがどのようになるかを確認してみました。
H ドライブのディスクが今回、ディスク署名を変更したディスクなのですが、正常にオンラインになっていますね。
Windows Server 2003 以前では、ディスク署名が変わっているとオンラインにすることができませんでした。

image

以下のログが、イベントビューアに出力されています。
単純なディスク署名の変更だと、クラスタが自動的に署名の修復作業を実施し、最新のディスク署名の値で、
クラスタの構成情報を更新してくれているようです。

image

[ディスク再作成後の修復]

次は、ディスクを再作成した時にどのような動きになるのか確認してみたいと思います。

何かのリソースで使っているディスクでテストをしたほうがよいと思いますので、DTC で使用しているディスクで
検証してみたいと思います。
image

一度 iSCSI のディスクを削除し、ターゲット側で新規に作成したディスクを H ドライブとして割り当ててから、
クラスタを起動してみました。

ディスクを再作成した場合、イベントビューアに以下のエラーが出力されていました。

image

署名の再設定がされなかったみたいですね。

ドライブ文字は一緒にしていますので、MSDTC のディスクとして認識はしていますが、オンラインにはなっていません。

image

オンラインにすると以下のエラーになります。

image

この場合は、ディスクの修復をすることでオンラインにすることができます。
ディスクの修復は [フェールオーバー クラスタ管理] から対象のディスクを右クリック → [その他のアクション]
→ [修復] で実行することができます。

image

ディスクの修復をすることで、代替ディスクとして別のディスクを対象のクラスタディスクとして割り当てることができます。

image

image

これでディスクはオンライにできます。

image

MSDTC のリソースを新規に作成したディスクでオンラインにするためには別の手順が必要になりそうです。
こちらについては別途調べてみたいと思います。
# MSDTC をオンラインにしようとすると以下のエラーが発生します。

image

2008 になってクラスタのディスク復旧が標準の GUI からできるようになったので復旧手順もシンプルになりそうですね。

Written by masayuki.ozawa

10月 10th, 2009 at 3:13 pm

Posted in MSCS/WSFC(MSFC)

Leave a Reply

*