SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

XP Mode RTM をインストール

leave a comment

ダウンロードが終了したのでインストールをしてみました。

[Windows Virtual PC のインストール]

XP Mode のコアコンポーネントである、Windows Virtual PC をインストールします。
インストールは [MU_WINDOWS_VIRTUAL_PC_xx_435190.MSU] を実行します。
私の環境は Windows Vista x86 を使用しているので今回は 32 bit 版をインストールしています。
image

Windows Update インストーラーが起動して、更新プログラムの確認が行われます。

image
[同意します] をクリックします。
imageimage

[今すぐ再起動] をクリックして再起動します。
image

再起動後、Windows Virutal PC がインストールされます。

image

[Windows XP SP3 のイメージのインストール]

続いて、XP Mode で使用する XP のイメージをインストールします。
インストールは [JA_WINDOWS_XP_MODE_X86_X64_439180.EXE] を実行します。
image 

[次へ] をクリックします。
image

[次へ] をクリックします。
image 

インストールが開始されます。
※途中で UAC が働きます。
image

[完了] をクリックします。
image 

これでインストールディレクトリに XP の VHD が展開されます。
image 

[Windows XP Mode のセットアップ]

[Windows XP Mode] を実行します。

image

[ライセンス条項に同意する] を有効にし、[次へ] をクリックします。
image

XP Mode を使用する際のパスワードを入力し、[次へ] をクリックします。
Virtual PC の XP に作成されるユーザーのパスワードですね。
RTM になってユーザー名が変わったようです。
image 

[自動更新] の設定を行い、[次へ] をクリックします。
image

[セットアップの開始] をクリックします。
image 

XP Mode のインストールが開始されます。
image

インストールが完了すると Virutal PC の XP が自動的に起動します。
image

XP Mode のカテゴリから [JA_RAIL_QFE_FOR_WINDOWS_XP_SP3_X86_439642.EXE] がダウンロードができます。image

これは [KB961742-V3] のモジュールのようなのですが、起動してきた XP にはデフォルトでインストール済みとなっていました。
image

デフォルトで統合コンポーネントもインストール済みです。
image 

RTM でも Windows 7 上にアプリケーションを登録する場合は、[C:Documents and SettingsAll Usersスタート メニュー] に
ショートカットを配置すれば登録できます。

image image

XP Mode で使用している OS もゲスト OS ですのでセキュリティが気になります。
いいタイミングで Microsoft Security Essentials が提供開始されたので XP にインストールしておきました。
Microsoft Security Essentials

提供されているイメージは正規品として正常に認識されますのでインストールができます。

image image

統合サービス経由でネットワークにつながりますので、パターンファイルの更新も可能です。
インストールしたら Security Esentials もメニューに追加されました。
image

パターンファイルを更新するために XP にログインしなくても済むのでこれは便利ですね。

RC の投稿を書いてから 5 か月経過しているのですが、その間ほとんど触っていなかったため、
インストール方法を完全に忘れていました…。

Written by masayuki.ozawa

10月 8th, 2009 at 10:35 am

Posted in Windows Client

Leave a Reply

*