SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Exchange 2007 SP2 をスリップストリームインストール

leave a comment

どうやるんだろうと思って昨日、帰宅してから調べていました。

SP2 のリリースノートを確認していたら以下の記述が。

Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 2 (SP2) リリース ノート

Exchange 2007 RTM または Exchange 2007 SP1 のインストールと同じ手順を使用して Exchange 2007 SP2 のクリーン インストールを実行できます。
これは、Exchange 2007 SP2 の更新プログラムが Exchange 2007 のオリジナル リリース版のファイル セットに直接組み込まれているためです。
全体的な展開手順も個別のインストール手順も同じです。
どのような手順を実行する必要があるかは、作成する Exchange 展開の複雑さによって異なります。

Exchange 2007 の SP2 は /extract オプションを使用して展開したモジュールが 1.6 GB 近くあり、
サイズが大きいなと思っていたのですが SP だけではなく RTM のファイルが含まれているんですね。

新規インストールの場合は SP2 のメディアを使用してインストールすると With SP2 としてインストールできます。

下の画像は Exchange の役割がインストールされていないサーバーでセットアップを起動した際の画面です。
Step 5 を実行すると Exchange 2007 With SP2 としてインストールが実行されます。

image 

ダウンロードした SP2 を使用すれば良いとなると、UPDATES フォルダにモジュールを置く必要もなく
簡単に With SP2 のメディアが作成できますね。

Written by masayuki.ozawa

9月 15th, 2009 at 11:04 am

Posted in Exchange

Leave a Reply

*