SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows Server 2008 で SQL Server 2005 のクラスタを構築する際のメモ

leave a comment

時間のある時にきちんとまとめたいと思いますが忘れないようにメモ。

  1. Windows Firewall の設定
    Firewall が有効になっていると ワークステーションコンポーネントのインストールの際に
    [notifacionservices.dll] が登録できなくてエラーとなることがある。
    MSDTC の設定も必要そうだが、Windows Firewall で [msiexec.exe] の例外が必要。
    image image
    image 
    インストール時には [Windows ファイアウォールによる新しいプログラム~] を有効にしてダイアログを
    表示したほうがよいかも。
    64ビット版の場合は WOW64 配下にも [msiexec.exe] が存在するので両方許可しておくと良さそう。
  2. インストール直後に SQL Server のリソースがオンラインにならない
    Windows Server 2008 で動作するのは SQL Server 2005 SP2 以降のため、インストール時に
    ダイアログが表示され SQL Server のリソースがオンラインにならない。
    SP2 適用後にオンラインにする。
  3. 互換性の表示
    [BI Development Studio] と [SSIS] のインストール時に [devenv.exe] の互換性のメッセージが表示される。
    image
    インストーラーを起動しているノードで表示されている場合はわかるが、クラスタ内の各ノードで表示され、
    インストーラーが一時停止していることがあるので、インストーラーが停止しているように見える場合は、
    各ノードでダイアログが表示されていないかを確認
  4. MSDTC の設定
    クラスタ環境でインストールする場合の定番リソース。
    細かい調査までできていないが、クラスタの既定のコーディネーターリソースの設定が以下の内容であれば
    インストールが正常にできた。
    image image
  5. SP2 のインストール
    MSDTC の設定が行われていないと SQL Server、Firewall の設定が行われていないと
    ワークステーションコンポーネントのインストールで失敗する。

MSDTC のリソースが SQL Server が起動しているノードで実行されているとこの辺の設定はしなくても
インストールと SP2 の適用ができそうであるが、運用後に SP を適用するときに現象が発生すると
メンテナンス時間内で作業ができなくなる可能性があるので構築時に潰しておくとよい。

Written by masayuki.ozawa

8月 12th, 2009 at 1:39 pm

Posted in SQL Server

Leave a Reply

*