SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

差分ディスクで VHD ブートとブルークスリーン…

leave a comment

差分ディスクを使用して VHD ブートをためしたら失敗したお話です。
現状未解決です…。

以前、投稿した VHD ブートですが差分ディスクを使用しても利用可能となっているようです。
インストールメディアで起動して [Shift] + [F10] でコマンドプロンプトを開いてから
差分ディスクを作るには以下のコマンドを実行します。

diskpart
create vdisk file=”c:vhddiff.vhd” parent=”c:vhdos.vhd”
exit

[file=] で、差分ディスク名を指定し、[parent=] で差分ディスクの親となるディスクを指定します。

ここでは親ディスクと同一のディレクトリに差分ディスクを作成しています。

いろいろとためしたのですが、別のディレクトリにすると起動しなかったんですよね…。
親ディスクと同じディレクトリに差分ディスクを作らなかった場合は起動時に以下のエラーとなります。
image

同一ディスク上の別ディレクトリに作成しているので起動しそうなものですが駄目でした…。
TechNet の情報では同一ディスク、同一ボリュームであれば問題なさそうな記述はあったのですが。

ひとまずこれで差分ディスクが作成できたので次は BCD に差分ディスクを使用するブートの
エントリを追加します。

こちらも引き続きコマンドプロンプトで実行します。

bcdedit /copy {default} /d “Diff Boot”
bcdedit /set {Identifier} /set device=[C:]vhddiff.vhd
bcdedit /set {Identifier} /set osdevice=[C:]vhddiff.vhd

[{identifier}] の部分には [/copy] を実行した際に表示される ID を指定します。

実際の実行結果は以下の画像になります。

image

これで準備は完了です。
再起動して差分ディスクを使用する構成情報からブートします。

image

これで起動すればよかったのですが残念ながらブルースクリーンになります…。

image

メモリダンプをアナライズした結果が以下になります。

*******************************************************************************
*                                                                             *
*                        Bugcheck Analysis                                    *
*                                                                             *
*******************************************************************************

Unknown bugcheck code (136)
Unknown bugcheck description
Arguments:
Arg1: 0000000000000000
Arg2: ffffffffc000007f
Arg3: 0000000000000000
Arg4: 0000000000000000

Debugging Details:
——————

DEFAULT_BUCKET_ID:  VISTA_DRIVER_FAULT

BUGCHECK_STR:  0x136

PROCESS_NAME:  System

CURRENT_IRQL:  0

LAST_CONTROL_TRANSFER:  from fffff880013dad42 to fffff800014c8f80

STACK_TEXT: 
fffff880`021adc78 fffff880`013dad42 : 00000000`00000136 00000000`00000000 ffffffff`c000007f 00000000`00000000 : nt!KeBugCheckEx
fffff880`021adc80 fffff800`0174ee66 : fffffa80`009938a0 fffff8a0`02a23590 ffffffff`ff676980 00000000`00000080 : FSDEPENDS!DepFSAutochkWaitWorker+0x3d2
fffff880`021add40 fffff800`0147ba86 : fffff800`01630e80 fffffa80`009938a0 fffffa80`006bd680 fffff880`014139a0 : nt!PspSystemThreadStartup+0x5a
fffff880`021add80 00000000`00000000 : fffff880`021ae000 fffff880`021a8000 fffff880`021ad8d0 00000000`00000000 : nt!KxStartSystemThread+0x16

STACK_COMMAND:  kb

FOLLOWUP_IP:
FSDEPENDS!DepFSAutochkWaitWorker+3d2
fffff880`013dad42 cc              int     3

SYMBOL_STACK_INDEX:  1

SYMBOL_NAME:  FSDEPENDS!DepFSAutochkWaitWorker+3d2

FOLLOWUP_NAME:  MachineOwner

MODULE_NAME: FSDEPENDS

IMAGE_NAME:  FSDEPENDS.SYS

DEBUG_FLR_IMAGE_TIMESTAMP:  49ee8ed1

FAILURE_BUCKET_ID:  X64_0x136_FSDEPENDS!DepFSAutochkWaitWorker+3d2

BUCKET_ID:  X64_0x136_FSDEPENDS!DepFSAutochkWaitWorker+3d2

Followup: MachineOwner
———

FSDEPENDS.SYS は差分ディスク系のファイルになるようなので差分ディスクの作り方が
いけないのでしょうか。

もう少しで RTM が出るので RTM 入手次第リトライしたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

8月 4th, 2009 at 10:37 am

Posted in Windows Server

Leave a Reply

*