SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows ブートマネージャが英語になった時の対応

one comment

Windows 7 の VHD ブートを試していて、スタートアップの修復が実行されるとブートマネージャが
英語表記になることがあります。

BCD の {bootmgr} に Path が設定されていることが原因のようなので BCDEDIT で Path を削除すると
日本語表記に戻ります。

bcdedit /deletevalue {bootmgr} path

解決方法をよく忘れるのでメモ。

2009/10/20 追記

{bootmgr} の locale が ja-JP になっているかもチェックです。

bcdedit /set {bootmgr} locale ja-JP

Written by masayuki.ozawa

7月 25th, 2009 at 6:28 am

Posted in Windows Client

One Response to 'Windows ブートマネージャが英語になった時の対応'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'Windows ブートマネージャが英語になった時の対応'.

  1. これで一日嵌りました。
    情報ありがとうございました。
    しかし、なんか変な仕様ですね。何で素直にlocaleだけ見に行かないのかな。

    ノラ

    20 3月 11 at 08:01

Leave a Reply

*