SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

CNAME を使用したファイル共有

leave a comment

Windows のファイルサーバーではないのですが DNS の Ailias (CNAME) で CIFS 共有にアクセスすると
認証が発生してしまうという社内の問い合わせがあったので少し調べてみました。

とりあえず Windows のファイルサーバーだとどうなるんだろうと思い調べてみたところ、事例がありました。

Windows 2000 ベースのサーバー上の SMB 共有へのエイリアス名による接続が機能しない
Windows2000/Server2003の共有フォルダをDNSのCNAMEレコードを使用して開けない
Windows Server 2003 Service Pack 1 のインストール後に FQDN または CNAME エイリアスを使用してサーバーにローカル アクセスしようとするとエラー メッセージ "アクセスが拒否されました" または "指定されたネットワーク パスはどのネットワーク プロバイダによっても受け付けられませんでした" が表示される
ログオン ウィンドウの表示 Windows Server 2003 Service Pack 1 NLB 仮想 NLB クラスタ名を参照するとき

以下のレジストリを設定すれば CNAME でアクセスできるようになります。

HKEY_LOCAL_MACHINESystemCurrentControlSetServicesLanmanServerParameters

値の名前 : DisableStrictNameChecking
データの種類 : REG_DWORD
基数 : 10進
値 : 1

エラーの時は以下のようなメッセージが表示されます。

ネットワークに重複した名前があるため接続されませんでした。
コントロール パネルのシステムでコンピュータ名を変更して再実行してください。

image

CNAME だけでなく、A レコードで本来のコンピュータ名の IP を登録しても同様のエラーとなりました。

NLB で Kerberos 認証をする場合もいろいろと考慮点があるみたいですね。
# NLB の仮想ホスト名も CNAME みたいなものだと思いますので。

Windows Server 2003 NLB構成で Kerberos認証を有効にする
負荷分散アーキテクチャで Kerberos 経由の認証の委任は動作しません
Kerberos authentication for load balanced web sites
Enabling Kerberos Delegation on a NLB scenario

こちらはアプリケーションプールをドメインユーザーで起動して、 NLB で負荷分散に使用するホスト名と
アプリケーションプールの起動ユーザーで SPN を登録するのがポイントみたいです。

SQL Server の Kerberos 認証もそのうち試そうと思ってなかなか手が出せていないですね~。
まだまだ勉強することが沢山です。

Written by masayuki.ozawa

6月 22nd, 2009 at 2:17 pm

Posted in Active Directory

Leave a Reply

*