SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

NT ドメインアップグレード後のプライマリ DNS サフィックスの表示内容

leave a comment

NT ドメインを Windows 2000 Active Directory にアップグレードした場合の、メンバーとして参加している
コンピュータのプライマリ DNS サフィックスの表示内容についてです。

[NT ドメインの時の表示内容]

以下の画像が、NT ドメインならびに、AD アップグレード直後のドメインとフルコンピュータ名の表示です。
アップグレードをしてもそのままの状態ではフルコンピュータ名とドメイン名は変更されません。

[Windows XP]

imageimage

[Windows NT]

image image
image
 

一度ログオン / ログオンまたは、再起動するすと以下の内容に変更となります。

[ログオン / ログオフまたは再起動後]

[Windows XP]

image image

XP だと再度コンピュータにログオンし、マイコンピュータのプロパティを確認すると
[変更はコンピュータの再起動後に有効になります。]
と表示されています。

コンピュータのプロパティの再起動に関しては以下のレジストリ値の比較で表示が制御されているようです。

-[HKLMSYSTEMCurrentControlSetServicesTcpipParameters]
 [Domain]
 [NV Domain]

NT ドメインからのアップグレード後は [Domain] が空白、[NV Domain] が参加ドメインの値となっているようです。
image

この設定値が異なることによって再起動のメッセージが表示されてしまうようです。

[Windows NT]

image image
image image

[再起動後]

[Windows XP]

image image
image

再起動後は [Domain] に値が設定されています。
アップグレード後は再起動しないと DNS サフィックスが設定されないので再起動のメッセージが表示されていると
コンピュータ名の名前解決で思ったような結果が得られないかと。

[Windows NT]

image image
image
image

NT のメンバサーバーの場合は変化はないようですね。

2000 / 2003 のメンバーサーバーでは試せていないのですが XP と同じ動きになりそうな気が。
SID の解決は再起動しなくてもできていそうですが、名前解決が想定した動きにならない場合は、
コンピュータのプロパティを開き、再起動の表示がないことを確認したほうが良さそうです。

Written by masayuki.ozawa

6月 21st, 2009 at 7:08 am

Posted in Active Directory

Leave a Reply

*