SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Active Directory のスキーマのバージョン確認

leave a comment

新しいバージョンの AD を追加 / 一部のアプリケーション (Exchange 等) をインストールする場合には
AD のスキーマ拡張が必要となります。

スキーマのバージョン確認基本的な作業は以下の KB に記載されているとおりです。

Active Directory インストール ウィザードの実行時にエラー メッセージ "ソース フォレストの Active Directory スキーマのバージョンはこのコンピュータの Active Directory のバージョンと互換性がありません" が表示される

以下の手順で確認可能です。

[確認手順]

  1. [adsiedit.msc] を起動します。
  2. [CN=Schema,CN=Configuration,DC=<ドメイン名>] を右クリックし、プロパティをクリックします。
    image
  3. [objectVersion] の値を確認します。
    image

以下が [objectVersion] と OS の対応表になります。

objectVersion OS
13 Windows 2000 Server
30 Windows Server 2003
31 Windows Server 2003 R2
44 Windows Server 2008

今のところ Windows Server 2008 R2 のスキーマバージョンは [47] となっているようですね。
Sch47.ldf

スキーマ拡張をした際に、各ドメインコントローラでスキーマ拡張が反映されているかを確認する場合は
この値を確認するのが良さそうです。

Written by masayuki.ozawa

6月 18th, 2009 at 1:22 pm

Posted in Active Directory

Leave a Reply

*