SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

[Web サーバー立ち上げ体験日記]Community Server 2008.5 SP1 のインストール その 1

leave a comment

<[Web サーバー立ち上げ体験日記]固定 IP アドレスと独自ドメイン名でサーバーを公開

最初は Windows Sharepoint Services 3.0 SP1 をインストールしようと考えていたのですが、Community Server 2008.5 SP1 を
使ってみたいな~と思い、まずはこちらをインストールしてみました。
# 設定しているサイト名やユーザー名の情報は今回の投稿用のものです。実環境では別の名前で設定しています。

Community Server はバックエンドのデータベースとして SQL Server Express を使用することが可能です。
これに関しては事前にインストールをしていますのでこれを使用します。

まずはモジュールのダウンロードから

[モジュールのダウンロード]

Community Server は以下の URL から入手することができます。

Community Software by Telligen

今回は無償の Community Server Express Edition を使用します。

ダウンロードするまでの手順は以下の通りです。

  1. [Product] → [Community Server Free Edition] → [Free Download] をクリック
  2. 情報を入力し、[Email Me A Download Link!] をクリック
  3. 入力したメールアドレスにダウンロード先の URL のリンクが記載されたメールが送信されてくるのでリンクをクリック
  4. [Community Server 2008.5] または [Community Server 2008, Web Install] → [Download Now!] をクリック
  5. ユーザー登録をまだしていない場合は、[Click here to Join] をクリックしてユーザー登録を実施
    ユーザー登録時にはパスワードの入力項目はありません。初期パスワードは登録時に入力したメールに送信されてきます。
  6. ユーザー登録がされている場合はユーザー情報を入力し、[Sign in] をクリック
  7. ダウンロード許諾の内容を確認しながらスクロールバーを一番下までスクロール
  8. [I Agree to These Terms And Conditions] を有効にし、[Name] [Email] を入力し、[Submit] をクリック
  9. モジュールをダウンロードします。

これでダウンロードは完了です。

Community Server は MSI 版 と Web Install 版 の 2 種類をダウンロードすることができます。
せっかくの機会ですので両方のインストールを試してみたいと思います。

次は IIS の設定をしたいと思います。

>[Web サーバー立ち上げ体験日記]Community Server 2008.5 SP1 のインストール その 2

Written by masayuki.ozawa

4月 26th, 2009 at 10:45 am

Leave a Reply

*