SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

[Web サーバー立ち上げ体験日記]SQL Server 2008 Express のインストール

leave a comment

<[Web サーバー立ち上げ体験日記]IIS のデフォルトサイトの設定変更

サイトのバックエンドでは大抵情報を格納するためのデータベースサーバーが必要になります。

私は SQL Server が一番使いやすくので SQL Server 2008 の Express をインストールしておきたいと思います。
# WISP (Windows + IIS + SQL Server +PHP) か WISA (Windows + IIS + SQL Server + ASP.NET) を使う予定ですので。

今回は
Microsoft® SQL Server® 2008 Express with Advanced Services
使用したいと思います。

SQL Server 2008 Express との違いは

  • SQL Server 2008 Management Studio Basic。使いやすいグラフィカル管理ツールで、SQL Server 2008 Express を容易に管理できます。
  • SQL Server テーブルのプレーン文字ベースのデータに対するフルテキスト クエリの実行。フルテキスト クエリには、語、句、または複数の形式の語句を含めることができます。
  • ローカル リレーショナル データでの SQL Server Reporting Services レポートの実行。

になります。
Management  Studio / Fulltext Search / Reporting Services のサブセットが入っている感じでしょうか。

インストールすためには

が必要になります。
Windows Power Shell 1.0 はサーバーマネージャの [機能の追加] でインストールすることができますが他のものについては
ダウンロードしてインストールする必要があります。

以降の手順は前提モジュールのインストールが終了した状態からになります。

[SQL Server 2008 Express with Advanced Services のインストール]

  1. 事前に [Users グループ] のローカルアカウントを作成しておきます。
    セットアップでは作成したアカウントをサービスアカウントとして設定します。
  2. ダウンロードしたセットアップを実行します。
  3. [インストール] をクリックします。
    image
  4. [SQL Server の新規スタンドアロン インストールまたは既存のインストールへの機能の追加] をクリックします。
    image
  5. [次へ] をクリックします。
    image
  6. [使用許諾契約書に同意する] を有効にし、[次へ] をクリックします。
    image
  7. [インストール] をクリックします。
    image
  8. Windows ファイアウォールで [警告] が発生しますがこれは無視して [次へ] をクリックします。
    # 今回の SQL Server はローカルでのみアクセスを許可する設定にしますのでファイアウォールで特定のポートの許可もしません。
    image
  9. 必要な機能を選択し、[次へ] をクリックします。
    私は [データベース エンジン サービス] と [Reporting Services] と [管理ツール – 基本] をインストールしています。
    image
  10. インスタンス名を入力し [次へ] をクリックします。
    SQL Server Express の既定のインスタンス名 [SQLEXPRESS] は有名ですので私はインスタンス名を変更しています。
    image
  11. [次へ] をクリックします。
    image
  12. サーバーの構成を入力し、 [次へ] をクリックします。

    サービスのアカウントは作成しておいた [Users グループ] のアカウントを設定しています。
    [SYSTEM] は権限が強すぎるので公開用の SQL Server を構築する場合は控えたほうが良いかと思います。
    また、[SQL Server Browser] は外部に公開しないのであればサービスは起動する必要がありませんので [無効] にしておきます。
    # SQL Server を動的ポート構成にしない限りは [無効] で問題ありません。

    image
    照合順序はお好みで。
    SQL Server 2008 の日本語の最新の照合順序は [Japanese_XJIS_100] です。

     image

  13. データベース エンジンの構成を入力し、[次へ] をクリックします。

    [認証 モード] は導入するアプリケーションに依存すると思いますがまずはデフォルトのままで。
    [SQL Server 管理者の設定] については、SQL Server の管理権限 ([sysadmin 権限]) を持つするユーザーを設定します。
    ここで設定したユーザーは SQL Server に対してフルコントロールを持ちます。
    [Administrator] 以外のアカウントも設定できますので、サーバー管理者と SQL Server 管理者を分けたい場合は
    別のユーザーを設定します。
    image 

    デフォルトではすべてのシステムデータベースが [C ドライブ] に作成されます。
    C はシステムドライブのため、データベースは配置したくありません。
    IIS のコンテンツディレクトリ同様、私は別のドライブに全データベースを格納するように設定しています。
    image 

    [FILESTREAM] は使用しませんので無効にしたままにしています。
    image

  14. Reporting Services の構成は後で実施しますのでひとまず [レポート サーバーを構成せずにインストールする] を選択し、
    [次へ] をクリックします。
    image
  15. エラーと使用状況レポートは任意で設定して [次へ] をクリックします。
    # 今回はモニターですのでしたほうがいいのかな~と少し思っていますが…。
    image
  16. [次へ] をクリックします。
    image 
  17. [インストール] をクリックしてインストールを開始します。
    image image
  18. [次へ] をクリックします。
    image
  19. [閉じる] をクリックしてインストールを完了します。
     image

これで SQL Server 2008 Express のインストールは終了ですが、現時点の最新バージョンは SP1 + CU1 です。
次は SP1 と CU1 のインストールを行いたいと思います。

>[Web サーバー立ち上げ体験日記]SQL Server 2008 SP1 + CU1 のインストール

Written by masayuki.ozawa

4月 19th, 2009 at 8:49 am

Leave a Reply

*