SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

MED-V Beta を MED-V 1.0 にアップグレード [サーバー編]

leave a comment

今まで Beta 版を使用していた MED-V Beta を MED-V 1.0 にアップグレードしてみました。

まずはサーバー編です。

  1. MDOP 2009 のメディアを挿入します。
  2. [Microsoft Enterprise Desktop Virtualization 1.0] をクリックします。
     image
  3. [Microsoft Enterprise Desktop Virtualization (64 ビット) のサーバー コンポーネントのインストール] をクリックします。
    # MED-V サーバーは 64 ビット版を使用していました。
    image
  4. [Next] をクリックします。
    image
  5. [I accept the terms in the license agreement] を選択し、[Next] をクリックします。
    image
  6. [Next] をクリックします。
    image
  7. デフォルトで [Save ~] のチェックボックスが有効になっていますので [Next] をクリックします。
    image
  8. [Install] をクリックします。
    image image
  9. [Finish] をクリックしてインストールを完了します。
    image
  10. MED-V の管理コンソールが起動するので [OK] をクリックします。
    # [OK] をクリックすると MED-V サーバーのサービスが再起動します。
    image

MED-V の診断ツールを実行したところバージョンが [1.0.72] になっていますので RTM 版にバージョンアップしています。
# Beta 版は [1.0.66] になります。
image

クライアント側は Beta 版でも正常につながりました。
サーバー側の設定も変わってなさそうですので以前作成した手順はそのまま使えそうです。

クライアント側のアップグレードにも挑戦してみたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

4月 15th, 2009 at 3:42 pm

Posted in MDOP

Leave a Reply

*