SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

WSFC のクラスタ関連のドライバの表示場所

leave a comment

クラスタのドライバとして

  • Cluster Disk Driver (ClusDisk.sys)
    • 1 ノードだけがディスクにアクセスするように制御
  • Cluster Network Driver (ClusNet.sys)
    • ハートビートの送信やネットワーク障害の検出

があります。

Windows Server 2003 の MSCS では [デバイス マネージャ] で [非表示のデバイスの表示] を有効にすると
[プラグ アンド プレイではないドライバ] に両デバイスが表示がされていました。

image

image image

Windows Server 2008 の WSFC ではどこに表示されるのか今まで確認したことがなかったので、
調べてみたところ場所が移動していました。

Cluster  Disk Driver → システムデバイス の Cluster Disk Driver (ClusDisk.sys)
image

Cluster Network Driver → ネットワーク アダプタ の Microsoft Failover Cluster Virtual Adapter (Netft.sys)
# WSFC では ClusNet.sys → Netft.sys に変更になっています。
    Overview of Failover Clustering in Windows Server 2008 に変更されたことが記載されていますね。

image
Cluster Network Driver は [非表示デバイスの表示] を有効にする必要があります。 
Cluster Disk Driver は有効にしなくても表示されます。

image

Windows Server 2008 では DISKPART コマンドの UNIQUEID を使用することでディスク署名を設定することも
できるようになっています。
# 2003 以前ではディスク署名を変更するためには Windows 2000 リソースキットの dumpcfg.exe を使う必要がありました。

これらの情報を利用して、MSFC のクラスタの共有ディスクを交換した場合の復旧手順を確立しておくといざという時に役に立ちそうです。

Written by masayuki.ozawa

3月 11th, 2009 at 2:09 pm

Posted in MSCS/WSFC(MSFC)

Leave a Reply

*