SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SCVMM2008 でバーチャル マシンが削除できなくなった場合の対策

leave a comment

テンプレートの作成を実施していたところ処理が中途半端なところで止まってしまったようで、
作成中のバーチャル マシンが削除できなくなってしまいました。
どうやら sysprep 処理の途中で止まってしまったようです。
 
Power Shell から
Remove-VM -VM <バーチャル マシン名> -Force
を実行しても削除できず…。
# -JobVariable でジョブを追跡すればよかったのかもしれないですね。
 
SCVMM の管理コンソールから削除しようにも [ネットワークの表示] しか選ぶことができず
少し途方に暮れてしまいました。
 
SCVMM 2008 のバーチャル マシンのビューで表示されている内容はデータベースの
[dbo].[tbl_WLC_VObject] テーブルを表示していますので、このテーブルを直接開き
対象のバーチャル マシンの行の [ObjectState] を書き換えて状態を強引に変更したところ
どうにか削除することができました。
# たしか [1] に変更したと思ったのですが何に変えたかメモを残しておくのを忘れてしまいました。
 
何かの操作をすればきちんと管理コンソールから状態をクリアすることができたとは思うのですが、
覚書として投稿しておきたいと思います。
 

Written by masayuki.ozawa

2月 12th, 2009 at 2:28 pm

Posted in System Center

Leave a Reply

*