SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

WSFC 構築手順 [設定編] ネットワーク設定

2 comments

<WSFC 構築手順 [構築編] その 3

WSFC のネットワーク設定についてまとめていきたいと思います。

ネットワーク設定で可能なものは

  1. [内部]/[外部] ネットワークの設定
  2. [外部] ネットワークの IP アドレスの設定

だと思います。

以前のバージョンの MSCS と違いハートビートに使用するネットワークの優先順位は設定ができなくなっています。
WSFC ではクラスタのネットワークドライバがルーティングテーブルに応じて優先順を自動的に調整する設定となっているようです。
具体的にこの内容が書かれている技術情報はまだ見つかっていません。Microsoft のパートナー用コミュニティの情報です。

Microsoft の技術情報ではありませんが、TechTarget のホワイトペーパーで DELL の情報として近いものはありました。
Hyper-V仮想化環境の可用性を高めるベストプラクティスとは?

各設定は以下の方法で変更ができます。

[内部]/[外部] ネットワークの設定

クラスタの初期構築後の設定では、クラスタの IP アドレスを設定したネットワークが外部ネットワーク、それ以外のネットワークは
内部ネットワークとして設定されるようです。
外部ネットワークと内部ネットワークの設定は以下の手順で変更できます。

  1. [ネットワーク] を選択します。
    image
  2. 対象のネットワークを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    image
  3. [クライアントにこのネットワーク経由の接続を許可する] の [有効]/[無効] で [内部]/[外部] ネットワークを設定します。
    また、ネットワークの名前についてもこの画面で変更します。
    image 
    設定によってネットワークは以下のように使用されます。
    MSCS ではサービス専用のネットワーク (クライアント アクセスのみ) が設定できたのですが、WSFC ではこの設定は
    なくなっているみたいですね。
    以前との設定の比較表を作ってみました。
     

    Windows Server 2003 以前の設定

    クラスタにこのネットワークの使用を許可する

    内部クラスタ通信のみ

    クライアントにこのネットワーク経由の接続を許可する

    混合ネットワーク

    クラスタにこのネットワークの使用を許可しない

    無効 (クラスタでは使用しない)

[外部] ネットワークの IP アドレスの設定

外部ネットワークの IP アドレスは [クラスタ コア リソース] として設定されています。
クラスタ コア リソースは以下の手順で変更することができます。

  1. クラスタ名を選択します。
    image
  2. [クラスタ コア リソース] を展開します。
    image
  3. クラスタ名を右クリックし、[プロパティ] を選択します。
    image
  4. 変更対象の IP アドレスを選択し、[編集] をクリックします。
    image
  5. [アドレス] に設定されている IP アドレスを変更し、[OK] をクリックします。
     image
    IP アドレスを DHCP の設定にしている場合のみ [DHCP を使用する] を選択することができます。
     image
  6. IP の変更画面で [適用] をクリックすると最終的な確認メッセージが表示されますので [はい] をクリックして確定します。
    image
  7. 今回は Windows の DNS サーバーを使用していますが DNS の A レコードは連携して変更されていませんでした。
    DNS のレコードは手動で設定変更する必要がありそうです。
    image

ネットワークに関係する設定はこれらの操作で変えることができます。
設定は変更できませんが、内部ネットワークの優先順位は以下の手順で確認することができます。

[内部ネットワークの優先順位の確認]

  1. コマンドプロンプトを [管理者として実行] します。
  2. 以下のコマンドを実行します。
    cluster /LISTNETPRI

    [実行結果]

    >cluster /LISTNETPRI
    内部ネットワークの優先順位を一覧表示しています:
       ネットワーク名
       —————
     1 Heartbeat
     2 Public

    上の例では内部ネットワークの優先順位は意図したものになっていますが、構築後にネットワークを追加した場合は
    思った通りの設定にならないこともしばしばあるようです。
    どうにか意図した順序で認識できるように制御できないか模索中です。

     

ネットワーク系の設定で思いついたのは以上です。
他にも何かネットワーク系の設定がありましたら別途投稿したいと思います。

次回はディスククォーラムの設定をまとめてみたいと思います。

>WSFC 構築手順 [設定編] クォーラムディスクのドライブ文字

Written by masayuki.ozawa

2月 1st, 2009 at 1:51 pm

Posted in MSCS/WSFC(MSFC)

2 Responses to 'WSFC 構築手順 [設定編] ネットワーク設定'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'WSFC 構築手順 [設定編] ネットワーク設定'.

  1. 3年以上前の記事のようですので、既にご存知かもしれませんが、
    特に追加情報が記載されていませんので投稿いたします。

    ネットワークの優先順位の設定変更方法は次の通りです。

    まずは、現在のネットワーク優先順位の確認から。

    [管理ツール]-[Windows PowerShell Modules]を右クリックし、管理者として実行する。
    (Windows Powershell 2.0を起動して Import-Module FailoverClusters を実行しても可)
    次のコマンドを入力する。
    > Get-ClusterNetwork | ft Name, Metric, AutoMetric, Role

    metric値が小さいものほど優先順位が高い。
    プライベートネットワークでは 1,000以上。
    パブリックネットワークでは 10,000以上。

    優先順位を手動で設定するには次のコマンドを順に実行。
    > $変数名 = Get-ClusterNetwork “ネットワーク名”
    > $変数名.AutoMetric = 0
    > $変数名.Metric = 値
    AutoMetric = 0 の 0(False)は自動設定を無効にするという意味。
    1(True)だと自動設定を有効にする。

    または1行で書いても可
    > (Get-ClusterNetwork “ネットワーク名”).Metric = 値

    例)
    > $n = Get-ClusterNetwork Heartbeat
    > $n.AutoMetric = 0
    > $n.Metric = 500
    または
    > (Get-ClusterNetwork Heartbeat).Metric = 500

    設定が反映されるまで、最大3分ほどかかります。

    参考記事
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/ff182335(WS.10).aspx

    あれんか

    14 7月 12 at 02:35

  2. コメントありがとうございます!!
    CSV の内部通信の優先順位の変更でよく使用される設定ですね。

    いままで、CSV の内部通信の優先順位を変えるものと思っていたのですが、

    “フェールオーバー クラスターには、クラスター内のノード間の通信に使用するネットワークと CSV トラフィックに使用するネットワークに優先順位を付けるための設定が含まれています。”
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd446679.aspx

    とありますのでクラスター内のノード間通信の優先順位づけにも変更できるのですね。

    参考になりました。情報ありがとうございます。

    Masayuki.Ozawa

    14 7月 12 at 09:41

Leave a Reply

*