SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2008 でメンテナンス プランを実行する際の注意点

leave a comment

SQL Server 2005 では SP1 以降であれば SQL Server Integration Serivces (SSIS) を
インストールしなくてもメンテナンス プランを実行することができましたが、SQL Server 2008 では
SSIS をインストールしないとメンテナンス プランが実行できなくなっています…。

メンテナンス プランは SSIS パッケージとして作成され、SQL Server エージェントのステップで
SSIS パッケージを DTEXEC.EXE を使用して実行しています。
SQL Server 2005 SP1 以降では SSIS をインストールしていなくても DTEXEC.EXE を実行できたのですが
SQL Server 2008 では実行できなくなっています。
# ヘルプすら表示することができません。

以下はコマンドプロンプトで DTEXEC.EXE を実行した際の出力結果です。
SQL Server エージェントから作成したメンテナンスプランを実行しても同じエラーメッセージが出力されます。

>dtexec /?
Microsoft (R) SQL Server Execute Package Utility
Version 10.0.1600.22 for 64-bit
Copyright (C) Microsoft Corp 1984-2005. All rights reserved.

SQL Server パッケージ実行ユーティリティを起動するには、SQL Server 2008 のいずれ
かのエディション (Standard、Enterprise、Developer、または Evaluation) で Integra
tion Services をインストールする必要があります。Integration Services をインスト
ールするには、SQL Server セットアップを実行して Integration Services を選択して
ください。

SSIS がインストールできるのは上記エラーメッセージで表示されている 4 種類になります。
[Workgroup] / [Web] / [Express] / [Express Advanced] ではインストールできないので
これらのエディションではメンテナンス プランが使えそうにないです…。

可能であれば SQL Server 2005 と同様の動きにしてもらいたいものです。

2009/01/20 23:59 追記
CU3 を適用すると SSIS をインストールしなくてもメンテナンスプランが実行できるようになります。

 

Written by masayuki.ozawa

1月 7th, 2009 at 2:45 pm

Posted in SQL Server

Leave a Reply

*