SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

WSFC 構築手順 [構築編] その 3

leave a comment

<WSFC 構築手順 [構築編] その 2

コマンドラインからクラスタを構築するためにはコマンドプロンプトから以下の形式でコマンドを実行します。
CLUSTER コマンドを実行するコマンドプロンプトは管理者として実行する必要があります。

管理者として実行していない場合は以下のエラーになります。

>CLUSTER /CLUSTER:2008-WSFC-01 /CREATE /NODES:"2008-NODE-01,2008-NODE-02" /IPADDRESS:10.0.1.100/255.0.0.0
  4% クラスタ 2008-WSFC-01 を初期化しています。
  9% ノード 2008-NODE-01 のクラスタ状態を検証しています。このフェーズは、クラスタ オブジェクト ‘2008-NODE-01’ で 5 (0x00000005) のエラー状態になったために失敗しました。
このフェーズは、クラスタ オブジェクト ‘2008-NODE-01’ で 5 (0x00000005) のエラー状態になったために失敗しました。

システム エラー 5 が発生しました (0x00000005)。
アクセスが拒否されました。

  1. 複数ノードクラスタを構築する場合
    CLUSTER /CLUSTER:<クラスタ名> /CREATE /NODES:"<ノード1>,<ノード2>" /IPADDRESS:<クラスタの IP アドレス>/<サブネットマスク>

    [実行例]

    >CLUSTER /CLUSTER:2008-WSFC-01 /CREATE /NODES:"2008-NODE-01,2008-NODE-02" /IPADDRESS:10.0.1.100/255.0.0.0
      4% クラスタ 2008-WSFC-01 を初期化しています。
      9% ノード 2008-NODE-01 のクラスタ状態を検証しています。
    13% コンピュータ オブジェクト 2008-WSFC-01 のドメインを検索しています
    18% ドメインのコンピュータ オブジェクト 2008-WSFC-01 を確認しています
    22% コンピュータ オブジェクト 2008-WSFC-01 をクラスタ名オブジェクトとして構成しています
    27% ノード 2008-NODE-01 への Microsoft Failover Cluster Virtual Adapter のインストールを検証しています。
    31% ノード 2008-NODE-01 へのクラスタ ディスク ドライバのインストールを検証しています。
    36% ノード 2008-NODE-01 にクラスタ サービスを構成しています。
    40% ノード 2008-NODE-02 への Microsoft Failover Cluster Virtual Adapter のインストールを検証しています。
    45% ノード 2008-NODE-02 へのクラスタ ディスク ドライバのインストールを検証しています。
    50% ノード 2008-NODE-02 にクラスタ サービスを構成しています。
    54% ノード 2008-NODE-01 でクラスタ サービスを開始しています。
    54% ノード 2008-NODE-02 でクラスタ サービスを開始しています。
    59% クラスタ 2008-WSFC-01 を形成しています。
    63% 2008-WSFC-01 にクラスタ共通プロパティを追加しています。
    68% クラスタ 2008-WSFC-01 にリソースの種類を作成しています。
    72% グループ ‘クラスタ グループ’ を作成しています。
    72% グループ ‘使用可能記憶域’ を作成しています。
    77% IP アドレス リソース ‘クラスタ IP アドレス’ を作成しています。
    81% ネットワーク名リソース ‘2008-WSFC-01’ を作成しています。
    86% コンピュータ オブジェクト 2008-WSFC-01 のドメインを検索しています
    90% ドメインのコンピュータ オブジェクト 2008-WSFC-01 を確認しています
    95% コンピュータ オブジェクト 2008-WSFC-01 をクラスタ名オブジェクトとして構成しています
     

    100% リソース グループ ‘クラスタ グループ’ をオンラインにしています。

    /NODES に複数ノードを指定することにより、1 コマンドで複数ノードクラスタを構築できます。

  2. 最初に 1 ノードクラスタで構築し、構築後にノードを参加させる
    CLUSTER /CLUSTER:<クラスタ名> /CREATE /NODES:"<ノード1>" /IPADDRESS:<クラスタの IP アドレス>/<サブネットマスク>
    CLUSTER /CLUSTER:<クラスタ名> /ADDNODES /NODES:"<ノード2>"

    [実行例]

    >CLUSTER /CLUSTER:2008-WSFC-01 /CREATE /NODES:"2008-NODE-01" /IPADDRESS:10.0.1.100/255.0.0.0

      5% クラスタ 2008-WSFC-01 を初期化しています。
    10% ノード 2008-NODE-01 のクラスタ状態を検証しています。
    15% コンピュータ オブジェクト 2008-WSFC-01 のドメインを検索しています
    21% ドメインのコンピュータ オブジェクト 2008-WSFC-01 を確認しています
    26% コンピュータ オブジェクト 2008-WSFC-01 をクラスタ名オブジェクトとして構成しています
    31% ノード 2008-NODE-01 への Microsoft Failover Cluster Virtual Adapter のインストールを検証しています。
    36% ノード 2008-NODE-01 へのクラスタ ディスク ドライバのインストールを検証しています。
    42% ノード 2008-NODE-01 にクラスタ サービスを構成しています。
    47% ノード 2008-NODE-01 でクラスタ サービスを開始しています。
    52% クラスタ 2008-WSFC-01 を形成しています。
    57% 2008-WSFC-01 にクラスタ共通プロパティを追加しています。
    63% クラスタ 2008-WSFC-01 にリソースの種類を作成しています。
    68% グループ ‘クラスタ グループ’ を作成しています。
    68% グループ ‘使用可能記憶域’ を作成しています。
    73% IP アドレス リソース ‘クラスタ IP アドレス’ を作成しています。
    78% ネットワーク名リソース ‘2008-WSFC-01’ を作成しています。
    84% コンピュータ オブジェクト 2008-WSFC-01 のドメインを検索しています
    89% ドメインのコンピュータ オブジェクト 2008-WSFC-01 を確認しています
    94% コンピュータ オブジェクト 2008-WSFC-01 をクラスタ名オブジェクトとして構成しています

    100% リソース グループ ‘クラスタ グループ’ をオンラインにしています。
    >CLUSTER /CLUSTER:2008-WSFC-01 /ADDNODE /NODES:"2008-NODE-02"

    ノード 2008-NODE-02 を構成しています
    —————————————
    12% ノード 2008-NODE-02 のクラスタ状態を検証しています。
    25% クラスタ 2008-WSFC-01 の現在のノード メンバシップを取得しています。
    37% ノード 2008-NODE-02 をクラスタ構成データに追加しています。
    50% ノード 2008-NODE-02 への Microsoft Failover Cluster Virtual Adapter のインストールを検証しています。
    62% ノード 2008-NODE-02 へのクラスタ ディスク ドライバのインストールを検証しています。
    75% ノード 2008-NODE-02 にクラスタ サービスを構成しています。
    87% ノード 2008-NODE-02 でクラスタ サービスを開始しています。
    100% ノード 2008-NODE-02 がクラスタの完全に機能するメンバであることを確認する通知を待っています。

コマンドプロンプトから構築した場合はどちらのパターンでも [クォーラム構成] は [ノード マジョリティ] となっています。

image

CLUSTER /QUORUM コマンドを使用して適切なクォーラム構成に変更する必要があります。
設定変更に関しては WSFC 構築手順 [設定編] で記載したいと思います。

また、GUI の場合はドメインユーザーでないとクラスタの構築はできませんでしたが、コマンドプロンプトから実行する場合は
作業しているローカルアカウントとパスワードが同一のユーザーが Active Directory に存在しておりコンピュータアカウントの
操作ができる場合はクラスタの構築ができてしまします。
# ミラーアカウントで認証がとれ、コンピュータアカウントが作成できるとクラスタの構築ができます。

この場合、コンピュータアカウントのセキュリティは以下のようになります。

 image

以下が WMIC で取得したユーザー名と SID の情報になります。

>wmic USERACCOUNT where "(Name=’Administrator’)" get Caption,Name,SID
Caption                                   Name             SID
2008-NODE-01Administrator   Administrator  S-1-5-21-72470293-2089513440-1915596142-500
LABAdministrator                   Administrator  S-1-5-21-1041543157-1405777126-2591041755-500

LABAdministrator の SID ではなく 2008-NODE-01Administrator の SID が設定されています。
ドメインに他のサーバーのローカルアカウントが登録されている状態になりますので何が起きるかわかりません…。

今回の [その3] までで構築の一通りのパターンは試せたと思います。

次回以降で設定系の内容を [設定編] として記載したいと思います。

>WSFC 構築手順 [設定編] ネットワーク設定

Written by masayuki.ozawa

1月 6th, 2009 at 2:30 pm

Posted in MSCS/WSFC(MSFC)

Leave a Reply

*