SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

master データベースの再構築

leave a comment

今日は SQL Server 2008 へのアップグレードのセミナーに出席していたのですが、
演習をする中で、アップグレード後に照合順序を変更する方法が気になったので
調べてみました。
 
システムデータベースの照合順序をインストール時に指定したものから変更したい場合には
システムデータベースの再構築を行う必要があります。
 
BOL では以下の情報が再構築について記載されている個所になるのですがものすごいあっさり書かれています。
 
>Rebuildm.exe プログラムは、SQL Server 2005 で廃止されました。詳細については、「コマンド プロンプトから SQL Server 2008 をインストールする方法」を参照してください。
 
コマンドプロンプト~には再構築つについてあまり(全く??)記載がないので、再構築については
以下のURLのほうが参考になります。
 
 
ローカルインスタンスであれば以下のコマンドで再構築ができます。
# クラスタに関しては検証中です。
 
setup.exe /q /ACTION=RebuildDatabase /INSTANCENAME=[InstanceName] /SQLSYSADMINACCOUNTS="[DomainUserName]" /SQLCOLLATION="[Collaction]" /INDICATEPROGRESS

 
ちなみに SQL Server 2008 のメディアからインストールできる BOL のサーバー照合順序の設定と変更は
SQL Server 2005 のものが記載されてしまっていますので、Microsoft の SQL Server デベロッパー センターに
掲載されているものを参照されることをお勧めします。
# 2005 と 2008 ではコマンドラインのセットアップはオプションが変更されています。
 

Written by masayuki.ozawa

12月 1st, 2008 at 2:34 pm

Posted in SQL Server

Leave a Reply

*