SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

WSFC で クラスタグループに MSDTC リソースを追加する方法

leave a comment

Windows Server 2003 までの MSCS ではクラスタグループ (クラスタ名 / IP / クォーラムが格納されているグループ)に
MSDTC のリソースを [クラスタアドミニストレータ] を使用して追加することができましたが Windows Server 2008 の WSFC の
管理コンソールである [フェールオーバー クラスタの管理] ではクラスタグループが表示されないため、GUI では
このグループに MSDTC のリソースを追加することができません。
 
2008/12/16 追記
クラスタグループは GUI でも表示されますね。
MSDTC. のリソース作成時にクラスタグループのリソースと依存関係を
持たせられないだけですね…。
意外と GUI でも出来るかも知れないので後で調査したいと思います。 
 
しかし、コマンドプロンプトではクラスタ グループにリソースを追加することができますので、クラスタ グループ内を
操作したい場合にはコマンド経由でアクセスします。
 
以下はコマンドプロンプトで MSDTC を追加する手順になります。
# クラスタ名 / クォーラムディスクを使用して MSDTC を追加しています。
 
1.MSDTC のリソースをグループに追加 

CLUSTER RES MSDTC /CREATE /GROUP:"クラスタ グループ" /TYPE:"Distributed Transaction Cordinator"

 
2.コンピュータ名の依存関係を設定 

CLUSTER RES MSDTC /ADDEP:"クラスタ名"

 
3.ディスクの依存関係を設定
CLUSTER RES MSDTC /ADDEP:"クラスタ ディスク 1"

 
4.MSDTC をオンラインにする
CLUSTER RES MSDTC /ON

 

 
これでクラスタ グループに MSDTC を追加することができます。
 

Written by masayuki.ozawa

11月 30th, 2008 at 8:01 am

Posted in MSCS/WSFC(MSFC)

Leave a Reply

*